世界に助けを求める方法

世界に助けを求める方法

外の世界に助けを求める時は?
こんなに辛いことかばかり、神も仏もいなかった。
まわりはろくでなし。いいのは私。だって私は悪くない。

ちょっと待ってください。
神様のところに一度もヘルプコールを入れていないですけど?
神様はあなたに「助けてください」と言えるように、
あなたに電話番号を入れていますよ?

19** ** **

誕生日の数字を書く、もしくは言う。

「(数字をいい)神様困っています。助けてください」
誕生日の数字は世界への救済を求めるSOS信号。

そして、名前は内側への直通電話。
不具合があったら、メーカーにいいなさい。

誰でも最初から守られている。
だからあなたが「ツイてるー、ラッキー」となっていたら、
そういうことが色々なところで現れているはずだ。

僕は3月11日が誕生日。
泊まるホテルの部屋も311が着く偶然が多い。
電話番号もそう。そういう風に世界はできている。

《参考》あなたを守る魔法の数字(ラッキーナンバー)とは?

世界は数字によって天使を派遣している。
だから数字を言ったら、ワールドが変えられる。

誕生日の数字、そして名前が悩み解決のポイントになる。

ちなみに、生まれた曜日も最強だ。
その曜日もラッキーデーとして利用できる。

こんな風に数字や曜日についてのマジックは、
将来色々な形でまとめて出てくるだろう。

時間、空間、言語の意味

西暦と干支暦は違う。
共通しているのは「12年」ということ。

暦の話は複雑だ。
地球と天体の問題、文化史の問題、色々絡む。

あまり気にしなくていい。
でも時の施政者こそが世界の支配者。

チェコ、バルト諸国に行ってみると、
道路を挟んだお肉屋さんとパン屋さんの言葉が違う。

公立学校は歩いて通える範囲で6ヶ国語が必要になる。
東ヨーロッパの人たちは今でも語学の天才。

英語、フランス語、イタリア語、スペイン語は
できて当たり前のようなもの。

最も隔絶している言葉を、
5ヶ国語も6ヶ国語も話さないといきていけない。

頭が良くなるかもしれないけれど、
母国語を持たない悲しみがある。

たとえば、お父さんとお母さんは言葉が違う。
2人が普段話すのは英語。

お父さんへはお父さんの母国語、
お母さんにはお母さんの母国語がある。

そして僕たちにとっては、
「時間」「空間」「言語」の3つが注目すべきポイント。

「空間」と「時間」に仕切られた土俵で、
「言語」を使って生きている。

ワールドの仕切りというのは「時間」と「空間」によってできている。
そして、我というのは本質的には「言葉」でできている。

国も民族も政治もその外側についている飾りに過ぎない。
願望実現のためにもこのことをしっかり刻みつけておいてほしい。

自分に有利なイメージ空間を描く

国土という空間と、私という時間。

年号を決め何年から何年スタート。それが時の施政。

よく考えてみると24時間も地球の自転とはズレている。
これは便宜的に決めた約束事。

公転周期の365日も4年に1回の閏年で調整している。
この世界はヨーロッパ文明に支配されている。

そして私たちがここにいる、グリニッジ日付変更線。
空間と時間の支配は同じこと。大英帝国が未だに支配者と言える。

時計を普通に使い、GPSで携帯を表示している限り、
大英帝国の支配から逃れることはない。

全ての国の政治も経済も、
空間と時間の縦横の罫線の中で行われている。

博打で一人勝ちするのは胴元だけ。

しかし縦の線と横の線をイメージ空間を描いている以上、
自分たちに有利なようにするのは難しくはない。

そういうことは普通に生きていたら一生考えることはない。
また気がつくこともない。

せっかく成功法則の勉強を始めたのだから、
そういう仕掛けに敏感に意識されたらいいと思う。

西洋マジックでの名前と数字

天使はこの世界に現れる時、どんな姿をしているのか?
羽がある?白い姿?ベールをかぶっている?

数字となって現れる。

だからあなたを祝福し、幸せを告げようとする時、
あなたの関連する数字として現れる。

潜在意識につながるためのマントラがある。
それがあなたの名前。

それは、あなたの過去と未来をつないでくれる。
時間超越のためのマントラともいえよう。

あなたの名前は伊達についていない。
ヘルプコールをした時に名前を言ったらよかった。
「氏名誰々、助けて!」と。

本当のあなたはこんな不幸にやられないことを知っている。

しかしあまりに実力があるから、
起きているあなたがやすやすと乗り越えてしまうだろうと、

「まじ?これでやられるの?ボスキャラまでいけると思ったのに。」と
助けることを忘れている。

だから、悩み行き詰ったら、心の中で叫んでいいんだ。
谷の向こうに誰かがいる。

その顔が見えないその人の呼びかけるように自分の名前を言う。
谷の向こう側に本来のあなたがいる。

だから困ったら彼に、彼女に、助けてといえばいい。
すると本来のあなたの全力が出る。

本来のあなたのことを、アダムカドモン、
またの名をテトラグラマトンという。それは五芒星のこと。

(清水義久先生のフェーズ4西洋占星術&惑星タリズマン講義メモより)

無料メルマガ