【断易・周易】地天泰と大周天

地天泰のエネルギーを仕込んでおいて、今まで皆さんがやってきた技術はその後にやるようにするといい。

あなたがプロモーターになって、土俵を用意し、ゲーム上を用意し、あたかも50:50の戦いをやっているようにみせて最後、回し蹴りで勝つような、そんな方法が使えるようになる。

大周天をやるときには、白いボールを作って、陰のボールで陽を書いたものと、陽のボールで陰を書いたもので、大周天をやればいい。

まわりできる事象の空間が、次元が変わってしまう。

小周天も。1個でいいですよ。

何かを回転させることによって生じる場というのは、単純な運動の軌跡ではなくなっちゃうのですよ。

そこに一つの電磁場みたいな場が生じて、それは時空の破れ目みたいなものができる。

その場所にこのメタレベルの次元が生じてしまう。1個次元が上がった世界なんだ。

そうすると、エネルギーの性質がまったく変わってしまう。

そのあとは、放置しても大丈夫だから。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)

無料メルマガ