【気功】貨幣経済に幸せをもたらす「祝由(しゅくゆ)」とは?

中国で失われた技「祝由(しゅくゆ)」とは、
世界を祝う技である。

お祓い師は、マイナスの波動を消滅させる役割を持つ。
それは、あくまでもマイナスを消すだけなので、
プラスでもマイナスでもない0地点の状態に戻す役割です。

もちろん、マイナスの波動が消えれば、
苦痛や嫌な感情など消え、平静になれるので、
困っていた方にはとても喜ばしい事だと思いますが、

しかし、プラスでもマイナスでもない0時点は、
本当に幸せと言えるのでしょうか?

祈りによって幸せや希望をもたらす技「祝由」を使い、
祝由師はプラスの世界に現実を変えていく役割です。

つまり、お祓い師はマイナスを消滅させるだけですが、
祝由師はマイナスを消滅させるだけではなく、
さらに世界に幸福をもたらし、プラスにする事が出来る。

祝由師はお祓い師とも霊能者とも違います。

私たちの気功では、常に幸せを目指し、
皆が、祝由師となってもらいたいと考えています。

そして、無限の幸せを自分だけなく、
家族や周りの人にも届け、全員の幸せが底上げされてほしい。

ただ講座で、この祝由の話をすると、
「頑張れ」とか「よくやった」と個人的に声掛けする事が、
祝由と勘違いをされる方が時々いらっしゃるように感じます。

確かに、「祝由」は失われた技であり、
現代ではコンセンサスが取りづらいと思います。

しかし、祝由は、個人だけでなく外の世界にも祝いを届けます。
個人への応援や激励するのとは少々ニュアンスが違います。
(とはいえ、それ自体は相手の励みになるでしょうから、
特段止める行為ではありませんが・・・。)

ケーススタディとして、
お金(貨幣経済)が「祝由」である事で理解を深めていきましょう。

お金を払って物を買う時、等価交換だと思っていませんか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

それは、違います。

・お金を使い、あなたは物を受け取れる。
・相手は、物を売り、お金を受け取った。

これだけなら、等価交換でしょう。しかし・・・

・相手は、お金を受け取った事で幸せになった。
・あなたは、物を受け取った事で幸せになった。

これが加わりませんか?
つまり、2倍の価値が発生しています。

(万一、あなたが物を買った事で、
 幸せになっていないのだとしたら、
 その買い物は本当に必要だったのか、
 問いかけてみる必要があるでしょう。)

昔は物々交換だったのが、貨幣が発生したのは、
貨幣に幸せを乗せ、祝う事ができるから。

それは、人と人との優しさであり、
紙を使った幸せの呪術「祝由」なのです。

だから、あなたが支払うお金は、
いつでも相手を幸せにさせるために想いを乗せて下さい。

「このお金を受け取った人は幸せになる」と。

こんな単純な事でも、祝由の技になります。
お金を使うときは、これを心がけてください。

すると、届けたあなたも、受け取った相手も幸せになり、
そして、その幸せはワールドにも届くでしょう。

(2009.11.17 清水義久先生 金運アップセミナーより)

無料メルマガ