愚者になる

愚者になる

タロットカード0番「フール」は愚者、愚か者。
それにも関わらず、明るい太陽の色が背景にある。

そして、崖から落ちそうになっても、
「さわやかな日ですね~」と言っている感じだ。

我慢しない。受け入れる。もがいても無駄だ。
諦めることが、力を蓄えるということ。

しかし、何でもかんでも諦めるのではない。
今できることをやる。

力を抜いて、ニッコリ微笑んで。

でも「出来ません」って会社でやると
嫌われっ子になるだろうから秘めた技として。

別の言い方だと「アホ」になるということ。
言語変換するとそういうふうになるよなぁと思う。

軽味が一番。上善如水。

雰囲気は出来事と関係ない。あなたの気分にすぎない。
苦悩に満ちた人生を歩みながらも、ニッコリ笑って。

外の人にこんなに困っていたのかと見破られる事のないように。
そうやって愚者になるという技術なのだ。

軽さ、明るさを自分の中で用意する

私が高校を卒業する時にある先生が
こんなことを教えてくれた。

「逃げて、逃げ切れるようなことは所詮やることではない。
だから辛かったらとりあえず逃げなさい。

なぜなら、困難に対して立ち向かうと人は卑屈になる。
頑張ると人間は卑屈になる。

だから、逃げて逃げて逃げまくって、
普段のことは笑いながら、安々とやりなさい。

嫌なこと、辛いことは避けて通るように。」と。

逃げ切れないことにはどうしたらいいのだろうか?
それは、諦めるのだ。

軽味が一番ですよ。適当だ。
実はこれは魔法とは真逆でむしろ道教や仙道の教え。

しかしフールという概念とはどこか一緒だ。
高校の先生が教えてくれたのは、そんな話だった。

明るさや軽味、軽さ、朗らかさは
自分の中で用意しようとすることでできる。

ジェントルマンやレディースのように、
態度として用意しようと意図するのだ!

外に出る時、飛び切りの笑顔を作って出ていく。
さりげなく、ニッコリと笑ってあげようと考える。

エレベータの中、交差点の会い向かい、
ニコニコ笑ってください。それがメンタル体のエネルギー。

アストラルを超えるメンタル次元のエネルギーを出すには、
ニコッと笑うような軽やかさと明るさが必要です。

重たい人生を背負う責任や努力はいらない。
最初から乗り越えるんだ。

実際の生活はそんなにうまくいかない。
だけど、気分は違う。

現実と切り離すことができ、用意もできる。

人生は軽さで治す

「先生の気功を6年も7年もしているんですが、
私は子宮筋腫が消えないんです。1日1時間もやっています。
なんで消えないのでしょう!?」という人がいる。

その重たさが原因じゃない?と僕は答える。

ガンがあっさり消えてしまうような人と何が違うんだろう?

助かるかどうか危ぶまれる彼女は10~20秒で消えた。
しかし、6年も7年も続けている彼女にはまだある。

良い人だからか?悪い人だからか?
そういうことも違うだろう。

消えた彼女は、全然、重たくない。
「それが奇跡だとわかってるの?」こちらが思うぐらいに。

もしも治療で治ったとする。

「先生、ガン保険がおりちゃいました。
ガンじゃないけど、全額出てけど返す義理ないですよね?
病院が認定してるわけだし。お金は大事だよ~。
ガンは消えてるわ、保険はおりるわ、本当にうれしい~」

と、なんか明るいんだよね。こだわりがない。
「ねばならない」がない。

本人ももちろん心配していた。
にも関わらず病気に対して軽い。治った現実に対して。

僕に対しても。驚くほど信頼が薄い感じに接する。
でも、人生は「その軽さで治す」んだ。

これが悩み解決のコツ。

命は輝いているのですよ、明るく振舞っている。
だから引き寄せているあなたも、明るく輝いていたほうがいい。

「先生にやってもらった」なんて言わなくていい。思わなくていい。
頑張り禁止だ。テンション禁止だ。

少なくともエネルギーを使う瞬間は軽くいこう。

明るく諦めるという技術

どんな出来事も小さなイベントでできている。
電話をかける、書類を書く、Aさんに頼むと。

全体としては大きなプロジェクトでも、
1個1個は単純な流れ作業でできている。

するとその1個1個が小さく、分割できる。
そうやって「これならできそうだな」と
イベントを分割していったとき、

あなたが注ぎこむ努力と集中力はそれほど必要ない。
お茶くみのような小さなことでできている。

全体はものすごく大変にできているけれども、
A→B、B→C、そう進んでいく分岐点にすぎない。

頑張るという高いテンションにしない。
必要なのは「良い気分」。気分はいかが?

仕事できる人は「今自分ができるイベントに還元する」
という考え方を身に着けているはずだ。

しかし、できない人はそれを丸呑みしようとする。
「こんなに大きいのです~、無理~。」と。

1個1個はテンションを感じないように、
リラックスと良い気分を維持できるように行うんだ。

どうしようもないことは、どうしようもない。
だから、明るく諦めたらいい。

諦めるのは暗いことだろうか?
明るく諦めることを身につけましょう。

それがタロット0番「フール」、愚者のススメだ。

(清水義久先生のフェーズ4西洋占星術&惑星タリズマン講義メモより)

無料メルマガ