介入する覚悟

介入する覚悟

少し考えてほしいのだけれど、
他人の人生を幸せにするように介入していいのだろうか?

勝手にやっていいのだろうか?
やってよい人と思う人はなぜそう思うのか?

マジシャンが行うことは「介入」だ。
その人を幸せにする。

介入するのが「おせっかい」にならないのは、
どういう時だろう?そもそも介入していいのかか?

マジシャンの「介入する覚悟」について考えてほしい。

自信は内側で輝く時「信」となる。
なぜなら「私にとって、そうなんですから」と言える時だから。
「人が言う」から「信」なのだ。

このとき世界に、順と区別が生まれる。

順とはなにか?真、正しい、適切な順のこと。
そして正解に至る。ゆえに順。

正解が出た時に、不正解が生まれる。
混沌を解消する。天の理として発動する。

「人が言う=信」
宇宙はカオスだ。これが正しいかどうかなど関係ない。
適切な仮説と思われる作業仮説をあなたが用意する。

本当は補助線などない。しかしそこに線を引いたから、
よりエレガントな回答が生まれる。

その線を引かないと答えが導き出せない時、
1本のルールとなるのだ。

不幸を止めるマジシャンの技

この宇宙の性質が何なのか、とか
不幸のほうが多いとか、関係ない。

ウイルスを純粋倍夜するかのように、
幸せウイルスを培養してばら撒くのだ。

ゆえに不幸が終わる。そして幸せが始まる。
セブンステップス。

数秘術で「7」とは死神の数字。サタンの力。
「滅!」という停止信号。

停止信号は不幸ストップにも使える。
倒れているドミノをスッと止めるのだ。

あなたたちが不幸を変えられないなら
マジシャンである僕は止められる。

巨大な鉄の玉で続くようなドミノ。
カーブを描き例えば、左に行けば不幸せ、右は幸せ。
真ん中はどちらでもない。

そのドミノを1個をちょこっと指で抑えるだけで、
不幸を止められる。

何千年、何百年続く因縁を止めようとするから
難しくなっているだけさ。

そのイメージとは、一点をピュッと止めるだけ。
止められ無かったら指を入れておけばいい。

そういう技が使えるのがマジシャン。
倒れていくことが必然であろうが「滅!」。

「あら? 先にいけなかったわね。」と
それだけ。そんなに大変なことじゃない。

心の中のシンボリックイメージを
適切なものに変えていただいたらいい。

僕らは不幸というと鉄の玉が飛んでくるような感じに、
幸せというと淡いシャボン玉のような感じと思っている。

心象風景のセレクトしたイメージが間違っている。
逆にしなければ。

ゆえに、自分の言語命令で順と区別をつけ、
「この人が幸せになる空間」を無理やり作り
相手を封じ込め放置する。

マジシャンの技とはそういうこと。

想念の行き場

あなたが辛い、苦しい、できないと思ったマイナスの想念は、
ターミネーターのように同じ思いを持った人を苦しめている。
自分だけでは済まないんだ。

あなたにパワーがあれば、マイナスはあなたには来ない。
しかし、家族や友達など他のところには行ってしまう。

実は何世代にも渡りこういうことを、ずっとやってきた。
真実を知らず、愚か者として、マイナスの想念をまき散らした。

智者じゃなかったからしょうがない。

しかし、そんなことがあるかもしれないと思ったら、
それが成功法則の鍵、幸せになれない原因と気付く。

あなたが過去に想念で生み出したものは、
パラレルワールドでは実態を持つ。

つまり、私たちは自由な競争など全然できていない。
重石に縛られ、呪われた姿で歩いている。

憑依霊などいない。他人の霊があなたにつくことはない。
それは全てあなたの過去。霊じゃない。

それはあなたが過去に生み出した恐れであり、
怒りであり、苦しみであり、悲しみであり、様々なマイナスの思い。

その中で一番強い思いを出しているのが命令系統となり、
彼らとしては、あなたというお母さんを探している旅なのだ。

だからマイナスの想念を生み出すことを止める術を見につけなさい。

悩み解決のための置換の技

マイナスの複合体として集まり続けるものは、闇を好む。

普通の世界と出会わないように地下を作ってみる。
それは地獄と言ってもいいだろう。

世界においてきているマイナスの想念がある。
妬み、悲しみ、怒り、その感情を伴った瞬間、
「まぁいいや、忘れちゃった」となっていたら消えていく。

しかし「クッソー」と思っていたら、
ターミネーターとして誰かを襲い続けている。

これからは、それを回収する。
手から出るエネルギーでボールを作り、
「私が産み出したすべてのボール、この中に入れ」だ。

そして、左手を過去である左に水平に伸ばし、
「私は馬鹿でした。過ちを繰り返してきました。
迷惑をかけたすべての存在に謝りたいと思います。」と、
黒いボールの中に全部吸いんこだと思い明るい光に変わる。

過去の領域で生み出したマイナスの現象が、
今ここで消え去るように、「神様、私を助け給え。
そのために必要なエネルギーを私に授け給え。」とするのだ。

2つを合体して陰陽合一する。
するとラクになっていく。これが置換の技。

マジシャンになるならまずは置換の技をマスターするのだ。
(清水義久先生のフェーズ4西洋占星術&惑星タリズマン講義メモより)

無料メルマガ