潜在意識 - 成功.me

HOME > 能力開発・技術・教え > 潜在意識

【周易】ユングも使っていた周易『変化の書』

易.jpg

ユングも易を使っていたと聞いたが、
英語、日本語、ドイツ語と言語が違っても、
効果があるのか?というご質問を頂いた。

それは、あるでしょう。
なぜなら、周易はメタレベルだから。

ユングの友達だった、ヴェルヘルムが、
英語訳をした。

もし、英語をお読みになる方は、
今でも「変化の書」として周易の英訳が売っているので
よろしければご覧になったらいいでしょう。
ユングが序文を書いている。
日本語で読むよりわかるかもしれない。

易と言えば、マーフィーの易占いという本も
文庫本になっていますが、結構侮れません。

潜在意識との対話として考えると合点がいくかもしれない。
それは、今の我々の気功術をやっている感覚に近い。
六十四卦をあのように読むのもありでしょう。

つまり、星を見てその星が我々の運命に影響を
与えているのではなく、見た時に、我々が当てはめるが故に。
あのスクリーンはわが心なり。その時のユングは宇宙より広い。

ユングの自伝は本当に面白いので、これもよろしければどうぞ。
かれは、現場の人間であり、彼が感じ体験したことを、
どうやって落とし込むかが書かれているのがとても参考になる。

見えない世界を扱ったり、周易や西洋マジックを扱う者として、
ユングは勉強になる。共有している価値観も一緒。

あとは、ニーチェやゲーテもそうかもしれない。
この世界のわずか1枚向こう側の、薄い向こう側に見えざる世界が
あるとわかっている人たち。僕らはその感覚を使って周易を行う。
精霊は我と共にありと。

(2012年3月17日 清水義久先生の周易セミナーより)

【日本の人物】成功は集中力で決まる!新体道の青木先生の言葉

ソムリエ.jpg

「天の理、地の利、人の和」とは、成功する条件です。


天の理とは、天運のことで、運命があなたにYESと微笑んでいるか?
ラッキーがあなたに舞い降りてくるという事。


地の利とは、大地があなたに味方をしているか?
大地とはお金が豊かなどの現実の事です。


人の和とは、協力者や友達やあなたを助けてくれる人のこと。


この3つの要素がすべて揃ったの時、
あなたは最高の状態であり、すべての出来事が叶う。
だから、成功する条件はこの3つを揃えるということになる。


新体道(しんたいどう)という武術を作られた青木宏之先生はこのような事を言った。


「天の理も、地の利も、人の和も、集中力で変わる。」


運命は関係ない、地の利の関係ない、
人が協力してくれないのであれば、あなたが悪い。
それは、あなたの集中力が足らないからからだと。


取り込んでいることに、あなたが全力で取り組んでいたら、
人はあなたの姿に心を打たれ、一緒に助けてくれるに違いない。


地の利がなかろうと、天の理がなかろうろうと、
あなたが集中力を発揮したら、あとからついてくる。


世界が天が、あなたを助けたいと思えるかどうかは、
そこまであたたは努力し、本気で頑張っているかだ。


例え悪い運命であったとしても、
神様が、「こんなに頑張っているのだから、変えてあげよう」と
思うほどあなたを応援してるほど、あなたは取り組んでいうるか?


成功しない、不幸だと嘆いている暇があったら、本気を出せ。
すべては、人の集中力だということです。


ソムリエの田崎真也さんは、世界のソムリエコンクールで
優勝されている日本人だが、1日17時間を10年勉強していたと話していた。


10年でソムリエにならなかったら向いていない、
その時は違う道で行くと、その10年間は奥さんに食べさせてもらいながら、
覚えることが沢山有りすぎて、朝から晩まで机から立つことなく
ずーっと勉強をした。しかも10年間。


成功をしたいのなら、もしも夢を叶えるのが必要なら、
情熱を注ぎ込んでくれ。潜在意識に刻むかのように、集中力を高めよう。


その集中力が、天の理・地の利・人の和を集め、
あなたの夢を叶えていくだろう。


(2012.1.8 清水義久先生 フェーズ3集中セミナーより)

【教育】大きな器をつくる「子供への声のかけ方」

子供.jpg

気功的に言うと、小さいうちは、ずっと共振現象が起きるというか、
向こうがずっと解放系で、開いてます。


だから、人生のモデルを想念でインストールできます。
お母さんの迷惑をかけないいい子になってねとか、身体丈夫でねとか。


元気な赤ん坊がキャッキャと動いて、よく眠り、よく食べて、
病気もなくて、良かったわ―というイメージを作ったり、
コトバで言ったりして、伝わったと思う。
すると、それがその子の潜在意識の規定音になるんだ。


物心つくまで、幼稚園にいくぐらいまでの年代は、
いくらでも人生の修復ができる。
思った通りの子になれる可能性を持っているんだ。


だから、この子はバカな子、私の子供だから
ダメという母親の想念は、その子の人生を決めてしまう。


私は、あなたができるって思ってたのよ~、みたいに、
過去形でいいこと言ってあげてよ。確定申告のように確定されていく。


それをどういう方向になりたいかと思うのは、親の自由。
スポーツマンなのか、学者なのか、大企業の社長なのか。


想像してあげることが、宿命の半分になってしまう。
けっこう大きいのではないだろうか。


環境が変えている。育ててくれている。
親の想念や思いが、その子の前半部分の規定するレールとなる。
もちろん、大きくなっても修復できるけど、親の想念って結構強い。


そして、「いい子になってね」という声かけだけだけではダメです。
なぜなら、エネルギー体が、親より小さくなってしまう。
いい子というのは、親にとっていい子だから。


それは、親の命令を聞きなさいという、上位構造を作り、
親が飲み込んでしまうことになる。

いい子だねというと、その子は自然と親の思ういい子に合わせようとして、
小粒になってしまう。いい子はいい子と褒めたらいいでしょうが、
もっと具体的なことをいったらいいでしょう。


「大きく、たくましく、頭がよく、元気いっぱいで、
優しくて、幸せになるんですよ」と書き込んであげたらいい。
「他の人の面倒が見れるほど、逞しく大きな人になるんですよ」
といえば、それは、リーダーです。


最初からリーダーの要素を入れるといいでしょう。
それは、いい子であり、元気で逞しく、ほっておいても、トップになる器となる。


親の概念で色々入れるより、その子がどう生きていくのかという
モデルやひな形を入れていくことをちょっと考えてみるといい。
つよく、たくましく、やさしく、大きく、かしこく、要素を全部言うといい。


で、その声かけは、「○○になりなさい」という命令形ではなく、
「あなたは賢いんだから。」「あなたは優しいでしょ。」と
「○○だから」と確定するのがいいでしょう。


しかし、兄弟ができたら、「あなたはお兄ちゃんだから」
というのは、ちょっといただけない。上下関係を作るだけだから。
「あなたは頭がいいでしょ。優しい子でしょ。」というと、
自然と「だから、あなたが弟を見てあげなさい」とニュアンスが入る。


逞しくて、優しくて強いあなたは何をするの?
「そうだ、僕が守ってあげなきゃ。弟を守ってあげなきゃとなる。」
そういう誘導の仕方がいいだろう。


独立した意識として、リーダーの器を目指す。小さい時から、
いい言葉を送ってあげると、自然と大きな器の子になると思いませんか。


(2011.10 清水義久先生のVIP限定SNSレターより)

【能力開発】セミナーのメインコンテンツ

EQ057_L.jpg

僕の願望実現セミナーは、1日参加していただくだけで、ほとんどのことができるようになると思う。

「気功の能力なんて、ダウンロードできるのか?」

「お前が作った能力は世界標準?」

「入れたあと保証できるのか?」

こんな疑問があるかもしれないけれど、僕の願望実現セミナーでは「受け入れておいてください。」という説明しかできないんだ。

セミナーでは、不思議な能力を持って帰っていただくのが、メインのコンテンツとなります。

普通の気功セミナーでは、能力開発すること、それをエクササイズとして提供し、やっていると何時の日か潜在能力は開発される、というやり方なんだ。

でも、僕のセミナーに参加してもらうと、この点はすぐにクリアできる。

だから「できる」ようになったときになにがやりたいか、その願望を紙に書いておいてほしい、ということも僕はお願いしているんだ。

参加してくれる皆さんに「この力を使ってどうしたいのか」というモデルを先に作っていてほしいから。

(清水義久先生 願望実現セミナーより)

【成功法則】最も効果のある「多重構造成功法則」とは?

steps.jpg

一般的な成功法則は、
簡単な所だと書籍にもなっているので、
様々な方法をチャレンジした方も多いでしょう。。

▼潜在能力をコントロールする
▼成功したビジョンをもつ
▼意欲やモチベーションを高める
▼明確な目標を持つ
▼ゆるぎない信念を持つ
▼ポジティブシンキングになる
▼すぐに行動する
▼失敗してもあきらめない
▼願望や叶えたい夢を紙に書く
▼ありがとうを何万回も言う

これらが、成功哲学や、願望実現、
最近では運が良くなる方法としてよく聞くと思います。

勉強熱心なあなたは、
すでにやり尽くしている内容かもしれませんし、
まったく成功しなかった方、
少し夢が叶った方、がほとんどではないかと思います。

もしかしたら、成功法則などは、
他人が成功した体験や事例から抽出した方法だから、

因果関係のない私がやっても効果がないと
思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしそれは、
一部正解ですが、大きく間違えています
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ズバリ、正解をお伝えします。
この正解を知れば、あなたの成功はもっと加速します。

成功や願望を叶えるには、
一番重要な2つのポイントがあります。
-------------------------------------------------------
■□■ポイント1■□■

夢を叶えるための
準備や用意は、多重構造的な方法で行う。

■□■ポイント2■□■

成功や願望実現のために、
「情報」と「波動(エネルギー)」の2つの素材が必要。
この2つを用意する。

-------------------------------------------------------

もう少し詳しく解説すると・・

▼ポイント1
「多重構造」について・・・・
世の中にある成功法則は、シンプルすぎます。

全て、成功や叶えたい夢、願望に落し込み、
そこに心、モチベーション、目標設定などの
すべてのノウハウが畳み込まれすぎです。

畳みこまれるのは、結果の世界であって、
夢を叶えるための準備や用意には、多重構造が必要です。

あなたの夢を、1個のおまんじゅうと例えましょう。

目の前に出来上がった
綺麗で、美味しそうな「おまんじゅう」がある。

しかし、おまんじゅうが出来るまでは、
材料を計ったり、まぜたり、
アンコを練ったり、皮生地を作ったり、
成形して、蒸したりなど様々な工程があります。

全てを一緒に、グシャッと混ぜては、
綺麗で美味しそうな「おまんじゅう」にはなりません。

あなたの夢を叶える方法だって、同じです。

成功するには、入れる順番と階層構造を分けて、
適切に行う必要があります。

成功法則で有名な100年前のナポレオンヒルの時代では
わからなかった仕掛けるタイミングだって決まっています。

時代はもっと進んでいます。
1つ1つがもっと精密さが必要です。

潜在意識に繰り返し情報を入れることで、
顕在意識を落とし込む発想はもう古い!

そういう意味で、ほとんどの成功法則は、
必要十分を満たしていません。

成功するには、
多重構造的なやり方で仕込む必要があります。

▼ポイント2
成功や願望を叶えるためには、
情報と波動(エネルギー)が必要です。

そして、この2つが一体化するときに、
現実世界に、プラスのエネルギーがチャージされ、
現実にマイナスがあれば、そのエネルギーは、
最初にマイナスと相殺され、その後、プラスとして貯金され、
一定の閾値を超えた時に、現実的な成功が起こるのです。

一般的な成功法則では「情報」しか取り扱っていません。

「ありがとう」や「できる」を何万回も言うような、
言語でアファメーションをする方法も、あたかも目の前に
実現したかのように、夢を精密にイメージする方法も、
いずれも「情報」にすぎません。

そして情報のくり返しで、意欲やモチベーションを高め、
信念を作り、結果、成功すると勘違いしています。

確かに「量質変換の法則」で、膨大な量は、
質に変換はされるため、成功する人も一部いるでしょう。

しかし、その成功する人たちは、
もともと元気で、器も大きく、成功に近い方が多い。

ほとんどの場合、そこまでたどり着けず、
情報のくり返しに途中で飽きてしまってるでしょう。

成功は、情報のくり返しからくる、
意欲やモチベーションで起こる訳ではないのです。

逆に、昨今流行りのパワースポット・パワーストーンなどの
高次元波動や「引き寄せの法則」などで言われる良い気のエネルギーで、
運がよくなり、プラスの出来事を引き寄せるという
「波動(エネルギー)」という考え方は、昔からありました。

しかし、これらを活用する方法は、
すべてを神様に頼むなどの他力本願的な意識が強く、
自助努力をメインにした一般的な成功法則とは相いれず、
世の中的にも、怪しい分野だと分類されてきました。

波動やエネルギーの分野は、右脳系開発とも言われ、
イメージを作れる右脳を開発することに主眼が置かれています。

しかし、右脳には、原因と結果などの因果関係や
ロジックは考えられないという欠点があります。

だから、どんなに精密に成功したイメージをしても、未来の姿なのか、
過去の姿なのか判断できず、すべてがリアル。過去の失敗すら今リアルな事なのです。

そのため、右脳は瞬間的に感情と本能を立ち上げ、おびえ、パニックになります。
それを、言語を使って、コントロールするのが左脳。主人は左脳なのです。

以上より、どちらのケースも不十分。なぜなら、
片方にフォーカスしすぎて、もう片方を見落としているからです。

そして古今東西、ほとんどのケース、
これらのどちらかにしかフォーカスしかありません。
どちらかに偏っている・・それが間違っている!と断言します。

成功には、「情報」と「波動(エネルギー)」のどちらも必要不可欠です。
そして、この2つを車の両輪のように、脳の右脳と左脳のように、
どちからに偏ることなく、両方をうまく利用し、具体的に活用することで、
成功や願望を叶えるための情報とエネルギーを蓄え、現実を成功へ導きます。

そして、その両輪の知識と能力、そして多重構造的な方法を、
手に入れる成功法則を私たちはお伝えしています。

それは成功法則をやり尽くし、もっと効果のある成功法則を手に入れたいと
思う人に必ずマッチする内容でしょう。

清水義久先生のセミナー講義録より)


1  2  3




無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。