瞑想法 - 成功.me

HOME > 能力開発・技術・教え > 瞑想法

【瞑想法】ペットボトルで簡単ヘミシンク瞑想法

wave.jpg

ヘミシンクとは、左右の脳波を共振させ、
深い所に自分の誘導させる方法。禅のモードです。


右脳と左脳のバランスを整える事で、
よりそれぞれの脳の能力を発揮しやすくなります。


しかも、脳のストレスが取れ、この感覚がわかってくると、
自分の脳の状態が、普通の状態なのか、ゾーンの状態なのかが
わかってきます。

注)ゾーンの状態とは、スポーツ選手が、極度の集中状態で、
他の思考や感情を忘れてしまうほど没頭しているような特殊な
感覚の状態。リラックスしているけど、物凄く集中している状態。

ペットボトルを使って、簡単に左右脳を共振させ
ヘミシンク状態にする方法をお伝えしましょう。

《ペットボトル瞑想法》

■準備
中の水分を、2/3~3/4ほどにして、
上部に空白を作るった、500mlのペットボトルを用意する

水音を聞くため、お茶類より水のほうがお勧めです。

■やり方
耳の横で、ペットボトルをゆったり振り、水音を聞く。
片方ずつ聞く。両方同時には行わない。
片耳30~50回ずつ。どちらの耳から始めてもかまいません。

ちょっと大きめに音が出るように、
ポチャンポチャンと振りながら、
水が行ったり来たり、空気が混ざる音を聞く。
手首を返さない方が大きめな音が出るでしょう。

片耳聞き終えたら、もう片方の耳でも同じことを行う。

---

これを行うことで、脳の真ん中の脳梁に、
情報が行ったり来たりして、左脳と右脳のバランスが取れる。

そして、脳波がヘミシンク状態になり、
深いところに脳波が誘導され、まずは、ストレスがなくなっていく。

両方終わった後に、どちらか活性化したい脳があれば、
そちら側の耳で、少し早目に激しく音が出るように早めの音を聞く。

右脳なら、イメージ開発、芸術的センス、音楽、絵画、
左脳なら、計算能力、ロジック、言語回路など。
これが、脳のスイッチングになります。

最終目標は、手には何も持たずして、ペットボトルの音を思いだし、
手を振る動作をしただけで、ふわ~っと眠くなる状態になれること。

音をイメージで思い浮かべる。この音にはそういう効果があります。

毎日40分、1時間瞑想するよりも、この各30回のほうが
上かもしれない。瞑想などの練習を深くやっていればいるほど、
この威力が実感できるだろう。

(2011年8月20日 清水義久先生 フェーズ3五行(水のエレメント)セミナーより)

【瞑想】究極の能力開発法「青い空・白い雲」

skycloud2.jpg

「青い空・白い雲」の瞑想は、加速学習法として、
頭がよくなる方法として、また気の能力開発法として
非常に有効な瞑想法です。この瞑想は本当に効きます。

フェーズ1では音声を吹き込んだCDを提供していますが、
興味がある方は、以下のオリジナル文章を、自分の声で
吹き込んだ音声を用意して、毎日瞑想したらいいでしょう。

自分の声を毎日聴く事で、あなたはあなたの潜在意識とも
自然と仲良くなることができます。
ゆったりとした声で吹き込むといいですよ。

以下、オリジナル文章をお届けします。

【青い空・白い雲の瞑想】 

はい。では、軽く目を閉じてください。
これから言う風景を想像してください。

夏の暖かい日に、緑の草原に、
あなたは仰向けになって寝ています。
空を見上げると、一点の雲もない明るい青空です。

その明るい青空を、あなたは今、眺めている。
そういう想像をしてください。

あなたは、ゆったりと横たわっています。
あなたは、リラックスして幸せな気分です。

あなたは、ただ、明るい美しい空を見て、楽しんでいます。

あなたがそこに横たわっているとき、
一人楽しく、完全にリラックスし、
水平線上はるかかなたに、小さい白い雲が見えてきました。

あなたは、明るい青空をバックにした、小さい白い雲の
純粋な美しさにうっとりとしています。

その小さい白い雲は、あなたの方にむかって、
ゆっくりと動き始めました。

完全に、リラックスし、一人で、
大変平和な気分で、そこに横たわり、ゆっくりと
あなたに向かってきている小さい白い雲を見つめています。

小さい白い雲は、
ゆっくりとあなたに向かって動いています。

あなたは、明るい青空と、小さい白い雲を見て、
その美しさを満喫しています。小さい白い雲は、
どんどんどんどん、近づいてきています。

青空を背景に、白い雲が、だんだんだんだん、
あなたのほうに近づいてきています。
少しずつ、少しずつ、大きくなっていきます。

どんどんどんどん、あなたに向かって、
雲が近づいてきています。とうとう、
白い雲がやってきて、あなたの頭の上で止まっています。

あなたの目の前には、白い大きい雲と、
明るい青空が広がっています。完全にリラックスした気分で、
あなたは美しい風景を楽しんでいます。

非常にリラックスし、一人平和な気分で、
あなたは、青空の白い雲の美しさに見とれています。

あなた自身の体が軽くなっていき、だんだん
浮き上がっていきます。地面から離れて、
白い雲に向かって、あなたのほうが近づいていきます。

どんどんどんどん、近づいていきます。
白い雲の中に、あなたの体が入り込んでいきました。
周りは、真っ白い雲です。

完全な、白い雲の中に、あなたの体は溶け込んでいきます。
あなたは、完全に分散し、膨らんで、
小さい小さい白い雲になっていきます。

あなた自身は、とても平和な気分です。

体が拡散し、白い粒子になり、
雲とあなたの切れ目がなくなっていきます。
あなた自身が、とても平和な気分です。

太陽の光に照らされて、白い雲がとても暖かい。
あなたの体も、とても暖かくなっていきます。

今や、あなたは完全にリラックスして、
あなたの心は完全に平静です。

雲の上で、暖かい太陽に照らされています。
じっくりと、その気持ちを味わってください。

あたたかーい、あたたかーい、気持ちで。
完全にリラックスし、平静な気分です。

拡散した、あなたの体は、雲と一体になっています。
あなた自体が、雲自身です。

これから、自分の体に戻っていきます。
まず、自分の体を、なんとなく感じてみてください。

微笑みましょう。顔でニコリと笑ってみてください。
自分の体に意識が戻っていきます。

これから、3つ数えると、あなたは目を覚まします。
前より、健康な気分です。

1つ、だんだんと戻っていきます。
2つ、
3つ、はっきりと目覚めます。

ゆっくりと目を開けてください。

体の感覚を戻すように、目を何回かパチパチしたり、
手のひらを、ぎゅっと力を入れたり、力を抜いたりします。

軽く手を組んで、上に伸びをしてみましょう。
足を何回か足踏みするように前に動かしてみてください。

これで、身体の感覚は戻りました。おつかれさま。

清水義久先生 セミナー講義録より」

【瞑想法】瞑想法とは?

EQ186_L.jpg

普通の人は、緊張していないとき、動かず目を閉じじっと静かにいたら、睡眠に入ってしまう。

普通の人には「起きている状態」「寝ている状態」「気絶」という3つの状態しかないんだ。

しかし、普通の人なら寝てしまう状態になりながら寝ないでいると、4番目の意識というのが初めてでてくるんだ。

このような状態になるために「瞑想法」というのが開発されていて、どんな天才でも訓練しないと現れない世界、メディテーションの世界に入ることができる。

瞑想法を身につけて、この世界に入ることができると、新しいあなたが目覚めるんだ。

私たちは、ブッダやキリストのような悟り開いた人を「覚者」というけれど、スーパーマン、人を超えた人とは言わない。

これは、悟りというものが「誰の中にも眠っているものが、起きること」だからなんだ。

誰でも瞑想法を身につけることで、覚者になることができる。


(「できる人の気功術」セミナーより)

【呼吸法】本当に運命が変わる!「吐ききる呼吸法」

吐いて止める呼吸法は、本当に運命が変わる。


何よりも大きな効果は、あなたの所にやってくる不幸を
あなたが最初からキャッチできるようになること。


一流の成功者の条件とは何か?


1番目は精力。
並外れた体力はもちろん、精神的な強さも含めて底知れない精力が不可欠。


2番目は記憶力。
秀吉の時代から天下を取るやつにバカは居ない。
田中角栄さんは、一度会った人の名前を忘れない能力でトップになった。


そして、3番目は判断力。4番目は想像力。5番目はイメージ力。
ここまでの条件が揃えば、どんな分野でも一流になれる。


ただし、『超一流』はその向こう側に行く必要がある。
そこに到達するために必要な条件とは・・・


6番目の直観力。
これがある人は、なぜかわからないけどうまくいく。
常識でも判断でもなく、その人だけが突然答えを受け取ってしまう。


史上最大規模の世界的株価大暴落「ブラックマンデー」の時
ケネディ財閥は株で儲けて、その基礎を獲得した。


インサイダー情報ではなく、暴落の数日前に
何となくそんな気がして、みんな引き上げた。


それで一人勝ち。莫大なお金を獲得した。
世の中にはそういう人がいるんだよ。


不幸は、現象として崩壊する前に先に肩を叩いてくれる。
それに気付ける人だけがすっと引いていける。


ここは乗るという強気の勝負の時は、勘が働かなくともできる。
だけど、ここは引くというのを見極めるのは難しい。


どうやって、そんな勘を身につける事ができるのか?
それが、吐いて止める呼吸法だよ。


この呼吸法を練習したら、勘が身につく。
不幸があなたの肩を叩くその瞬間を獲得する事ができる。


5番目までの条件は自助努力でなんとかなる。
だけど、6番目の直観力は努力しても超えられない壁。


この呼吸法に習熟して技のようにやりこんでいるかどうかが
超一流の世界にいけるかどうかの分かれ道になっている。


この呼吸法をやっていない皆さんは、「ただの人」で終わり。
これを技としてやりこめば、この能力が手に入る。それだけの事。


言うのは簡単。技も簡単。
後はそれをやれるかどうかだけ。


3日間やるだけで違いがわかると思うよ。
まず、自分の体調が変わっていくのがわかる。
どんどん体力がつく。お腹もスッキリする。
そのうちオーラが見えたりします。


これは、ただの呼吸法ではない。
確実に結果を生む呼吸法だ。効果を保証しますよ。


やり方は簡単。


①椅子の上でゆったりと座る。背もたれは使わない
②体を倒しながら息を吐ききる
③息を止めて体を起こす
④息を吸い込む


止める時間だけ計って、最初は5秒から。
10分苦しくなく続けるペースで、慣れてくれば20秒くらい止める。


まずは3ヶ月を目標に。
最初は苦しいけど3ヶ月くらいで余裕になるよ。


人は3ヶ月で本当に変わる。
そうすると、底知れない自信が自分の中から生まれます。


何も無くても私はやれると思える自信をもつには
何かをやり続けるしか無い。
自分の運命は自分の手の中にあるのだよ。


あなたが何を言わなくともこれを3ヶ月やれば雰囲気となって現れる。
周りの人はあなたが何も言わなくともわかる。


半年やれば、この人は違うなと一目置かれ、頼りにされるようになる。
1年通してできたら、人生に怖いものなど無いよ。


なぜ、オーラが見えないのか?
あなたのエネルギーが弱いからだ。


他の人と、他の生き物と、他の世界と、あなたと外部を分けた時に
外の世界と共振できるほどの生命エネルギーが無ければ
オーラを見ることはできません。


共振する力はあなたの命の力による。


他の人をどれだけ受け入れられるのかという事と
オーラが見えるという事はほぼ等しい。


見えないエネルギーのフィールドを知覚で見えないのは
世界に対してあなたは拒絶しているのですよ。


拒絶しているあなたが、他の人に対して愛だとか環境問題だとか
こうやって生きていきましょうなんて言うのは、ちゃんちゃらおかしい。


あなたの心の中にあるのはあなただけだ。無理する必要はない。
幼稚園児は幼稚園児のやり方がある。
自分ひとりで立っていくことをやるべきだ。


本当に成熟を目指すのなら、ずっと一つの事をやり続けるべきだ。


他の人に対する責任とか、力を貸してあげるのは
本当に一人で立てるようになってからやるべきだ。


そうじゃないと肩を貸してあげるつもりで、共倒れになってしまう。
力が無いうちに周りを助けようと考えなくていいじゃないですか?


お互い生きていくのが精一杯でも仕方ない。
だけど少なくとも周りの人の手を借りなくとも
俺は一人で生きていけるという底力は出すべきだ。


あなたに訪れる不幸を未然にキャッチできるのがこの呼吸法。
気のフィールドが拡大し、オーラも見えるようになる。


さらに、この呼吸法で下丹田に力を入れるかのようにやると
小腸が刺激されて「メラトニン」が大量に増える。


「メラトニン」は、老化の原因になる活性酸素を強力に除去するので
若返りはもちろん、高血圧の予防、白内障などの成人病やガンに効果的。


高いサプリを買わなくとも、自家製で作ればいいのだよ。
やる気になった?二重三重の効果がございます。


やっていると睡眠時間が減ったりする。
色んな事を頑張れるし、根気が続くようになるよ。


注意としては、食後にやると消化の邪魔になるからやってはいけない。
吸う時も吐く時も音を立てない。


鼻から宇宙エネルギーを吸い込み、口から邪気を吐き出す。
そうやって意識すると、もっと効く。


10分間続けられないと困るから、きつすぎないペースでやる。
将来は20分くらいやっても平気なくらい頑張ってください。


息をはーって吐いてお腹をへこませる時に、そこに意識を向けていくと
自然に光が見えるようになっていくよ。これ自体が瞑想法にもなります。


(清水先生 セミナー講義録より)

【成功法則 仏教】大きく包み込む私『曼荼羅的発想』とは?

神秘主義の大原則ですけれど・・・・
『神は、細部に宿りたまう。』 部分と全体は一緒です。


要求していることは、まずはできることではなく、
学んだことを手がかりにしていただいて、
真っ白な自分に戻って、学んでいただくことなんだ。


皆さん、ご自身の本業があるでしょう?あなたのお仕事が。
それはそれで、頑張っていらっしゃることでしょう。


でも、人は本気で何かするということを
たった1つやり続けていくことはできないのですよ。おそらく。
まずは、集中力が続かない。根気でも無理。


だから、趣味とか、副業とか、もう1つ自分が本気で生きる糧を
得ることができるような何かを・・・もうひとつ別の観点から
支えていけるような、技、芸能、趣味を作っていただきたいのです。


超一流の方は、別の分野で同じようなものを持っています。
例えば、アインシュタイン、ハイゼンベルグなど、あの頃の量子力学者。
自分で音楽コンサート開けるほどプロフェッショナル。湯川先生とかもそう。


あれほどの業績をたてながら、よく暇があるなと、昔は思っていたのですが、
あまりに上手すぎるのですよ。よく考えてみたら・・


彼らの仕事を、その趣味が支えているのです。音楽をやることによって、
自分の本業である「物理学」で、大きな気づきを得るプロセスがあったはず。
もう一つの別のレールがあったら、本レールと共に走っていける


皆さんは、そういうものがありますか?
別に音楽でなくてもいい、趣味や娯楽という意味ではない。
人生そのものを支えてくれるなにかを、もう一つお持ちですか?


ご自身の生活の糧を得るための技能、才能以外にも、
もう一つぐらい作ったらいいと思う。その中で、今日から学んでいく
気の能力を介入させていただきたいなと思う。


でも、手からエネルギーが出るなんて、こんなこと、科学ではありえない。
世間でいったら、コンセンサスは得られません。全くおかしな話です


でもね、僕にとっては、これは救いです。なにもなくてもこれがある。
なにもできなくても、手からエネルギーがでる


それができる意味を、おわかりですか?
その価値を確認していただきたいのです。


これは、科学的にも一般的にも共有できないほどの、
すばらしい才能と能力です。それが可能になったあなたは、
それだけでも自分を違う側面から見直すことができるのではないですか?


初めて参加される方には、言ってるのですが、
まず、信じてもらっては困ります。でもって、批判もしない。
じゃあ、どうしたらいいですか?


こういうのを、『曼荼羅的発想』と言う。大事な教えだ。


部分と全体はイコールだ。神は細部に宿り給う。
この宇宙で、不必要なものなどないのです。要らないものなのないのです。


どんなものでも、価値がある。目的がある。意味がある。
つまり、その風景しか見えないから。だけど、要素は同じ。


大事なのは、それがなにかということではなく、
そのものが属している枠組みがなんであるかということですよ。


CO2削減と世界では言っている。それは全体の構造をみたから。
そのせいで、ガソリンスタンドはつぶれてしまった。
そこで一生懸命働いている人達は、職がなくなった。
その人たちは、CO2削減に反対という。それは間違いなのか?


各論反対、全体賛成?
その人がどんなコンセプトで考えているかによって違うだけ。


その人が反対している枠組みを見破ってあげること。
君はこういう考え方だね。それは、前提となっている考え方がこうだから、
でも僕は、こう。その立場はなになのか。・・・と。


気功とは関係ないようにみえて、あなたの人生で大切なコンセプトです。
その世界が属している世界を曼荼羅。つまり、集合論。


仏様もいろいろな種類がある。そして同じ神様が、
違う構造におかれた時、祀ってある神社によって、それぞれの働き方が違う。

ある場合は人の心を癒してくれる、ある場合は現金を持ってきてくれる、
ある場合には、ビジネスサクセスしてくれるなど・・・・。


枠組みがすべてや。さっき、信じないというのは、そういうことね。
信じたら、あなたが考えた1個の枠組みしか見ることが、できなくなってしまう。
批評してしまったら、他の枠組みに立っている人を否定してしまう。


この曼荼羅的発想は、全部を包む込む。
敵もいない。反対者もいない。仏教の凄さは、そこや。


だから、どうすればいいかと言えば・・・・。


「へー、あなたはそういう考え方ですかわかりました・・・」と、
「」(括弧)にくくってだって、ブラックボックスに入れる。判断中止。
数学者・哲学者のフッサールは、「括弧にくくる」と言ったんだ。


Aさんが言ったことに対して、Bさんがまた違う意見を言う、
また、Cさん、Dさん、Eさん・・・と増えていく。そうやって、
きらびやかな星のように、色々な人がいろんなことを語る・・・。


それが、宇宙。マンダラ。曼荼羅には、色々なものが書かれている。
人間の死体にかじりついている悪霊たちさえも否定していないのですよ。
ちゃんと、曼荼羅に書いてあげているんだ。


そういうものまで含めて、すべてのものが、1枚の絨毯の絵柄として、
連続してお互いに支えながら、一つの宇宙になっていく。そういう発想。


これはたぶん・・・
人間がもちうるもっとも美しい考え方で、そして実用的だと思う。


今日からせっかく気功を学ぶのだから、まずは丸ごと受けとめて。
いくつも抱え持って、判断しないで、とっといてください。


この曼荼羅的発想が、重要なコンセプトだ。この考え方があると、
他のどこにいっても、どんな先生からでも、学ぶことできる。


受け入れることができる発想をしてほしい。
「オレは、君のこと大嫌いだけど、君の言っていることはいいね。」と。
そういえる人は、頭の中に曼荼羅的発想がある。


僕らは、その人が言っていることと、その人の人格を重ねてしまう。
嫌いなその人が言った意見だから、「反対!」とかね。(笑)


それは嫌いなだけ。嫌いという集合と、その人が言っている価値は違うで。
重なってはいるけど、微妙に違うだろう?


今日からこの発想をする。そうすると、嫌いな人は極端に減る。
許せない人だって減る。言っていることと人格を切り離す。


嫌いなのは、しょうがない。そんなの好きになれっていっても無理。
そんな中でも、この人は嫌いだけど、言っていることは意味があるなとなれば、
話を聞いてあげられる余地が生まれる。だから採用してください。


これは、弘法大師『空海さん』の発想です。
物事がいいか、悪いかではなく、何に含まれているか要素を考えればいい。
いい物も、悪い物をも、包み込める私に変わろうと。


悪いもの排斥し、拒絶するのは後でもできるから、
受け入れられる器に変わろうじゃないですか。


あなたの器を広げるのは、具体的にどうしたらいいか?
それは、青い空をイメージできるあなたになったら、
坂本龍馬が日本全体を想像できたように、でかい器を持つことができる。


心の中に青い空がある人は、人生で負けたりせん。
自分の心の中にいつでも青い空が出せる人は、どんな困難にも打ち勝つ。


想像しようと練習しない限り、自然に思い浮かべることはないぞ。
人間の可能性は、内部スペースの大きさ。器の大きさ。


これだけで、運命は必ず変わる。気功やる上で、色んな能力、技はあるけれど、
その前に、器を広げてましょうよ。


(清水先生 セミナー講義録より)


1  2




無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。