【能力開発】磁石で超能力が目覚めるとは? - 成功.me

HOME > 能力開発・技術・教え > 【能力開発】磁石で超能力が目覚めるとは?

【能力開発】磁石で超能力が目覚めるとは?

spoon.jpg

昔、超能力少年だった清田君の
スプーンを触らせてもらった事などある。


超能力の発動方法や訓練方法も
聞いたことがある。


そこで1点気がついた。


超能力で、曲げておったスプーンは、
必ず磁気を帯びる。磁化される。


ところが、何もしないのに、
数分後、その磁気が消滅する。


こんなこと、普通ありえません。
一旦発生した磁気は、消滅するはずがないから。


もともと物質内にある磁気の方向は、
ランダムに向いている。


だから、お互いの磁気を打消しあって
無力化している。


その物質に、磁石を近づけたり磁力線の影響することで、
物質内の磁気の方向が揃って、N極とS局ができる。


鉄をこすったら磁石になるのは、
鉄の中に最初から磁気があって、
磁石によって、磁気の方向が揃うという現象。


だから、一旦磁力化されたものは、
磁力線の向きは変わらないし、消える事はない。
分子レベルでいじらないとダメ。


ところが、超能力で磁気を帯びたものは、
なぜか、30秒から1分立つと、磁力が消える。
とても不思議な現象だ。


でも、清田君は不思議がらない。
超能力者は、スプーンを曲げる事に興味があっても、
そういうことには興味がないらしい。


僕ら気功師は、そこが興味があるポイント。
仮説として、考えている事として・・・


超能力には、
我々がまだ知らない隠れたパラメータとして、
電磁気があることは間違いないだろう。


磁石は、超能力の変形。
磁石を当てることで超能力が目覚める。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

超能力というから、
ぶっ飛んだ話のように聞こえるかもしれないけど、


僕らがやってる能力開発は、
気功法であり、超能力開発法でもある。


だから、色々なもので練習するより、
最初は磁力で練習するほうが決定的。


磁石がわからないうちは、
霊とか怪しいことに興味を持つ必要はない。
わかったつもりでも、勘違いだから。
わからないと断言できる。


ここで磁石を使った、気感を高め、
修練がものすごく進む方法を1つ提案しましょう。


100円ショップとかで、
ピッ○エレキバンみたいな磁気を帯びて
貼り付けるタイプの磁石を買って、


チャクラとか、色々な場所に張り付けて、
鳥の型、亀の型など、気功の体操をするんだ。


眉間、だん中、下丹田、(これで上中下丹田)
両手、両足の裏、これで動功をすると、
気感がグンと育つ。


最初のうちは、磁石に頼ったらいいでしょう。
家族には見せられない姿だけど、
ものすごく修練が進みます。


気感も育つ。貼ってるだけでジンジンですよ。
テープをはがして、また明日も同じく使う。
ぜひ、ご研究あれ。


磁力は、超能力の変形だ。磁力で訓練していくと、
自分の中に、超能力が目覚める。


僕も、結構長い間やってましたね。
この手の訓練を。


磁石に、手かざししたり触って、
モワーンとするのを感じたりするのもいいでしょう。
これも、急速に気感が育ちます。


気感が育てていくことで、
見えない世界も色々とわかってくるでしょう。


(2012.9.23 清水義久先生のフェーズ1小周天セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。