【能力開発】プラグマティズムとは? - 成功.me

HOME > 能力開発・技術・教え > 【能力開発】プラグマティズムとは?

【能力開発】プラグマティズムとは?

JN111_72A.jpg

プラグマティズムとは、事象を即して具体的に考える立場で、
観念の意味と真理性は、それを行動に移した結果の
有効性いかんによって明らかにされるという立場。
実用主義、道具主義、実際主義とも訳されます。

西洋占星術やカレンダーを見つけ出した古代カルデア人は、
火のエレメンタルは「火星」、木のエレメンタルは「木星」など、
それぞれの要素を天体と連動することに気が付きました。

「本当に?」「真実か?」など思うかもしれませんが、
我々の世界では、プラグマティズム(実用主義)に徹します。
理屈が正しいかどうかではなく、役に立つかどうかです。

幾何学を解くのに、作業仮説として補助線を引きます。
どこに補助線を引くかが解く鍵になるが、ある人が見たら
「ずるい!そこには線はない!」と言うかもしれない。

先に書いた内容は、理屈で考えていくといくと、
補助線のようなものかもしれない。
だから、真実かどうかが問題ではない。
効果がある、役に立つから使うのです。
だから、説明して納得してもらうものではない。

木星をイメージすることで木のエレメンタルが連動し、
無から有を生み出していくことを知る。

火星の天体をイメージして、
そこから活性化を促す火のエネルギーを生み出すと。

土星のリングを想像すると、
サタンの全てをストップするエネルギーになる。

古代人が気づき、応用していたみたいにだ。
信じてほしいのではない、効き目があるから、
効き目があったから説明している。

プラグマティズムに徹して、効果があるかないかは、
徹底的にその立場に立っているかどうかで決まります。

私は口が過ぎるし、理論を弄んでいるように
見えることもあるかもしれませんが、理屈家ではない。
徹底的に実務家。お伝えしているのは、
効き目があるものしかお伝えしていません。

(2011.7.10 清水義久先生 フェーズ4魔法入門セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。