日本の人物 - 成功.me

HOME > 日本の人物

【日本の人物】戦後の信仰主教に大きな影響を与えた「出口王仁三郎」

出口王仁三郎(でぐちおにさぶろう)の名を、
皆さんご存知でしょうか?

以前、フェーズ4仙道と宇宙気功で、
清水義久先生の講座でも出口王仁三郎の話が出てきました。

私が愛読している学研の月刊オカルト雑誌「ムー」にも、
出口王仁三郎の名が毎刊書かれており、
私も興味を持っていたところなので、
今回は出口王仁三郎の事について触れたいと思います。

日本には多種多様な新興宗教があります。
世界救世教、世界真光文明教団、晴明教、ス光光波世界神団、
生長の家、救いの光教団、崇教真光、神慈秀明会、
神声天眼学会宗教法人白光真宏会、三五教・・・などなど、
まだまだありますが、今回は出口家の説明のため割愛します。

上記の教団は、すべて「大本(おおもとき)」と呼ばれる
新興宗教から派生した宗教です。

何故、このように派生していったのでしょうか。

大本が辿った歴史を掻い摘むと、時代は戦時中大本の勢力が
広がりつつあるのを懸念した国家当局が弾圧をし、
1921年の第一次大本事件、そして1935年の第二次大本事件で
徹底的に弾圧され本部が破壊、全組織解散との結果。
ばらばらになった幹部や以前から反感を持っていた信者が、
独立し様々な宗教が確立されました。

少し長くなりましたが、
弾圧を受ける程大きく勢力を伸ばした大本。
大本の開祖「出口なお」(1836~1918)

彼女は、夢をきっかけに艮の金神(うしとらのこんじん)の
言葉を語り始め、後にお筆先と言われる神様の代筆をするよになり、
27年間で20万枚ものお筆先を半紙に書いたと言われています。

「出口王仁三郎(元、上田喜三朗)」(1871~1948)
出口王仁三郎は、幼少の頃に祖母から言霊を教わり、
後に和学のプロである岡田惟平から国学と和学を学びました。

父の死が艮の金神の祟りと言われたことをきっかけに、
宗教世界に足を踏み入れるようになります。

17歳の頃に、高野山で一週間霊的修行を行い神人合一の境地を経験。
この年に出口なおと出会い、同年から二人三脚で活動を始めます。

なおのお筆先は、王仁三郎の講釈があってこそ
人気を掴むことができたと言われています。

29歳で出口なおの娘である出口澄と結婚し入り婿となり、
出口家を名乗るようになります。つまりマスオさんです。

簡単に、大本と出口王仁三郎の関係について説明しましたが、
そんな出口王仁三郎の魅力はいくつもの予言を残し続けた所です。

近年、世界の終末が近いといった都市伝説のような週末予言など、
噂話をちらほら聞く事があるかもしれません。
(まるで、1999年のノストラダムスの大予言のようですが)

外国代表では、マヤ歴が終了を根拠としている事が多いのですが、
『三千世界一度に開く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ。
神が表に現れて三千世界の立替え立直しを致すぞよ』
日本代表では出口王仁三郎のこの言葉が有名です。

王仁三郎は、この世と目に見えない世界と私たちの住むこの世があると
表現しており、初めに、目に見えない世界の出来事が起こる。

その後、この世に影響が出ると説いており、こちらの目に見えない世界と
言われるのは江戸時代の国学者平田篤胤の考えから来ていると考えられます。

平田篤胤は「私たちの世とは別の世界がすぐ近くにあるが、こちらからは
目に見えないが、目に見えない世界からは神様や先祖が常に私たちを見ている。」と
『霊能真柱(みたまのみはしら)』の中に書かれています。
目に見えない世界からの一方通行の影響は述べませんでしたが非常に近しい考えです。

さて、王仁三郎の言葉の解釈をしてみると・・・
三千世界とは仏教用語で色々な解釈があり、難しい言葉です。

王仁三郎は、恐らくこの世の全てを表現する為に三千世界を
使ったのだと思われますが、私には少々自信はありませんのでその点はご了承下さい。

この三千世界の立替え立直しを行う人物が艮の金神だと述べています。
艮の金神は、出口なおのお得意先で王仁三郎の父に関する神様と上で出てきましたが、
この世を洗濯出来るほどの力の神様だったそうです。

王仁三郎は、艮の金神の正体を国之常立神と審神者(さにわ)をしたそうです。
審神者とは元々は神様からのお告げを聞いたり、人と神を取り持つ人物や動作を
表していましたが、近年では神憑りした人の神を見極める行為も含まれるそうです。

審神者をして見極めた神様「国之常立神」とは、
日本の神話で一番初めに現れる最古参の神様です。
一番最初に現れた後は全く出番はありません。何もしていない神様です。

艮の金神と名乗っているのには事情があるそうで、
あまりにも偉大な力を持っていたが為に他の神様たちに怖れられ艮、
つまり鬼門と呼ばれる北東の方角に封印されたそうです。

時が満ちて封印が解けて自由になった国之常立神はこの世を立替え立直す。
と解釈できます。色々と疑問点が有りますが、
王仁三郎の残した文章は曖昧で難解、そして数が多量となっており
詳しい事は分らないことが多いのが事実です。

しかしながらそうした言葉が予言とも取れて、
人気を博すのではないでしょうか。

個人的に一つ気になったのですが、
出口王仁三郎の数々の言葉は未来を予測して予め語った「予言」なのか、
艮の金神だけでなく他の神様を神憑りして喋るので「預言」なのでしょうか。

ネットには出口王仁三郎の予言とそれに関する解釈が繰り広げられています。
気になった方は、ちらっと見てみるのも面白いかもしれません。

(スタッフM)

【日本の人物】やるヤツはやると語る「極真館の大山倍達先生」

空手.jpg

「天の理・地の利・人の和」この3つの要素が揃う時、
全能力を開花させ、潜在能力を発揮し、なすべき仕事ができます。


■参考記事■
「天の理・地の利・人の和」の詳しくは以下の記事でも書いています。
【日本の人物】成功は集中力で決まる!新体道の青木先生の言葉


さて、1970年代の週刊少年マガジン連載の
「空手バカ一代」の主人公としても取り上げられた人物であり、
武道家・空手家で極真館館長の大山倍達先生は、こんなことを言っている。


「どんな逆境に陥っても、やるヤツはやる。
どんなに環境が整っていても、やらないヤツは、やらない。


やりたいと思って、死にもの狂いで本気でやっている奴は、
ほっておいてもやるよ。状況にかかわらず、やる人はやる。
環境が整っていても、やらない奴は、どれだけサポートしてもやらない。
だから何もしない。」


我々は何かがあると、状況や環境のせいにする。
「俺のことを理解してくれない。」「もう少しお金があれば。」
「家族が反対しなければ」と、周りの状況、生活状況、
家族の問題、金銭の問題にすり替えていないだろうか。


しかし、これらは地の利・人の和であって、
この二つは自分が生み出すように、自分自身が変わればいい。


逆に言えば、地の利と人の和がないとしたら、あなたのせいだ。
これは、あなたが改善すべきであって、他の条件とは違う。
この二つは自分で積み上げていく必要があります。


でも、この2つが整っても、うまくいくとは限らない。
それは、天の理です。天の理とは、簡単に言うと運命だ。


天の基準であり、天からみた正しい方向。これは努力だけでは叶わない世界。
しかし、天から愛され助けを受けるような存在になれば、運命も変わる。


この教室で目論んでいるのは、
まずはフェーズ1「小周天」で、あなたの内部を充実していく。


そして、フェーズ2「大周天」でコミュニケーションなど
自分の周囲の環境を整える。それにより、地の利と人の和が育つ。


そして、自分の内部に、天からの気のエネルギーを
あなたの中に引き下ろし利用していくことで、あなたの行い、
言動や色々なことが、世界全体に守られていき、
天の理が揃っていくような形に変えていくことを目指しています。


(2009年10月11日 清水義久先生 フェーズ2-1回目セミナー)

【日本の人物】成功は集中力で決まる!新体道の青木先生の言葉

ソムリエ.jpg

「天の理、地の利、人の和」とは、成功する条件です。


天の理とは、天運のことで、運命があなたにYESと微笑んでいるか?
ラッキーがあなたに舞い降りてくるという事。


地の利とは、大地があなたに味方をしているか?
大地とはお金が豊かなどの現実の事です。


人の和とは、協力者や友達やあなたを助けてくれる人のこと。


この3つの要素がすべて揃ったの時、
あなたは最高の状態であり、すべての出来事が叶う。
だから、成功する条件はこの3つを揃えるということになる。


新体道(しんたいどう)という武術を作られた青木宏之先生はこのような事を言った。


「天の理も、地の利も、人の和も、集中力で変わる。」


運命は関係ない、地の利の関係ない、
人が協力してくれないのであれば、あなたが悪い。
それは、あなたの集中力が足らないからからだと。


取り込んでいることに、あなたが全力で取り組んでいたら、
人はあなたの姿に心を打たれ、一緒に助けてくれるに違いない。


地の利がなかろうと、天の理がなかろうろうと、
あなたが集中力を発揮したら、あとからついてくる。


世界が天が、あなたを助けたいと思えるかどうかは、
そこまであたたは努力し、本気で頑張っているかだ。


例え悪い運命であったとしても、
神様が、「こんなに頑張っているのだから、変えてあげよう」と
思うほどあなたを応援してるほど、あなたは取り組んでいうるか?


成功しない、不幸だと嘆いている暇があったら、本気を出せ。
すべては、人の集中力だということです。


ソムリエの田崎真也さんは、世界のソムリエコンクールで
優勝されている日本人だが、1日17時間を10年勉強していたと話していた。


10年でソムリエにならなかったら向いていない、
その時は違う道で行くと、その10年間は奥さんに食べさせてもらいながら、
覚えることが沢山有りすぎて、朝から晩まで机から立つことなく
ずーっと勉強をした。しかも10年間。


成功をしたいのなら、もしも夢を叶えるのが必要なら、
情熱を注ぎ込んでくれ。潜在意識に刻むかのように、集中力を高めよう。


その集中力が、天の理・地の利・人の和を集め、
あなたの夢を叶えていくだろう。


(2012.1.8 清水義久先生 フェーズ3集中セミナーより)

【日本の人物】集中力が全て!命を輝かせる偉人達

a0002_004918.jpg

気功の本質とは命を輝かせる事。
命を輝かせるためには、集中する事が必要。

昔、壁抜けをするインドの聖者に、
「どんな修業をし、どの神を信じれば
そんなことができるのか?」と質問した。

その聖者からの答えは至ってシンプル。
「神?こんな事をするのに、神を信じる必要ない。
ただの集中力の問題です。」との答えだった。

命を輝かせる事は、集中力を高めることでもあると
考える。ここで、命を輝かせている(いた)、
日本の人物を何人かご紹介したい。


■歌手 元ちとせさん

彼女は、5分の歌を1曲集中して歌うだけで、
気絶をする。スタジオマイクを、
その音量だけで、何本も壊したそうだ。

5分で気絶するほどの集中が、
あなたにはできるか?この話だけでも、
私は、本気で生きているのだろうかと自問する。


■気功師 中健次郎氏

古い話だが、この方が中国に留学されていた時、
天安門事件が起きた。

そのため、あまりに暇になだったので、
公園で立禅をして集中していたら、
過ぎた時間の長さに気がつかなかった。

朝日が気持ちいいなと目を開けたら、
まだ暗い。おかしいな?と思ったところ、

普通、朝の5時前から初めて、夜の7時まで、
やっていたら気がつく。お腹も減るだろうし、
トイレにもいきたくなるだろう。

この方は、「気がついたら夜になっていました。」
そんな集中力を持った方。


■野口整体創始者 野口晴哉氏

野口整体は、修業はしない。うちは無理をさせないという。

ではどのような事をしているのか、
私が知っているのは、金曜日の夕方から、月曜日の朝
出勤する直前まで約3日間弱、正座したまま動かないこと。

3日間、食事をする事も、寝る事も、トイレに行く事もない。
それが弟子が行う事。

これは実話。憧れてほしい。
人が本気に集中していたら、トイレにさえも行かない。


■剣・禅・書の達人 山岡鉄舟

山岡鉄舟は、江戸城開城で活躍した剣豪。
江戸城で争っている時、鉄舟がスッと入ったら、皆止まったと
言われるほどの、剣の達人であり、師匠だ。

この山岡鉄舟は、ひとたび練習を始めると、
1週間延々と、竹刀をふるっていたそうだ。

弟子はその間ずっとやられ続ける。門弟は50人ほどだったので、
骨折しながら、血反吐を吐きながらも、果敢に師匠に向っていく。

打ちのめされた門弟たちは、奥さんが迎えにくる。
しかし、当時の武士の妻は強い。亭主をおぶって自宅に帰り、
怪我の手当をした後、また道場に背負って戻り、道場の玄関土間に
主人を置いてくる。そして、動ける奴だけが師匠に向っていく。

それを繰り返し、いよいよ一人も動けなくなり、
「はい、次」と鉄舟が言っても誰も向ってこなくなった頃、
ようやく鉄舟はその様子に気づき、「誰もいないのか?
では、今日の練習はここまで。」とようやく練習が終わる。

そこまで気づかず、トイレも食事もとらず、
ただただ竹刀を振るえる集中力。

人間とはそこまでいけるものかと、憧れる。
集中力で、全てを作っていける。


(2012.1.18 清水義久先生 フェーズ3集中(五行)セミナーより)

【成功法則】道具を大事にするイチローの秘密

すべての出来事を肉体として私たちは表現している。このことの本当の意味として、私たちは体にフォーカスし、ここを整えていくということを、能力の開花の切り札に使っていきます。

それは、肉体に意味があるのではありません。肉体は道具です。本質的ではない。それがわかった上で、大事に道具を扱うのが、職人です。

空振りして打てなかったバットを投げ捨て、折る大リーガーの選手たちに、イチローは吠えた。怒鳴った。「お前らそれでもプロか」と。

これは日本的な感覚だと思うけれども、それがイチローの成功の秘密だと僕は思います。彼は、名選手で新人でもないのに、誰よりも早く球場に入る。そして、グローブやバットやスパイクを、一つ一つ綺麗に磨いていく。使わないものも含めてすべてをだ。このバットがいるから、球が打てて、仕事ができるのだとと磨き上げる。彼は、野球の職人です。
まるで、彫刻家やすし職人などのノミ1本、握り方ひとつを大事にする、どこか一本木な頑固一徹な振る舞いや、ストイックな感じがある。それがいいとか悪いのではなく、こだわりがあるがゆえに、許せない何かがあるのではないだろうか。

職人の共通点としては、道具を大事にしていることだと思います。私たちは、ボディという道具を使うことによって能力を使い、夢を叶えていく。だからこそ、身体に意識を集中し、使いこなすことが大切なのです。

もちろん、心、魂のほうがもっと次元が上かもしれない、必ずしも肉体を使わなくてもいいのかもしれないが、肉体を道具として使っていく方が、はるかに願望実現できる時間も効率もよい。

特に、最初の段階では、肉体を使ったほうが早いでしょう。なぜなら、すべての不幸は体に出るからだ。不幸は、身体がゆがんで教えてくれる。逆に、頭の中でイヤを考えただけで、身体はゆがむ。だからこそ、職人のように体を大拙にし、身体を整えてると、不幸を跳ね返せし、夢が叶いやすくなりますよというご紹介です。

(2012.1.8 フェーズ3集中セミナーより)


1  2  3




無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。