【教育】人生のモデルをつくる「憧れる力」 - 成功.me

HOME > 教育・心理学・哲学 > 【教育】人生のモデルをつくる「憧れる力」

【教育】人生のモデルをつくる「憧れる力」

伝記.jpg

このような気の能力や気功の講座講師を
始めて30年以上経過したけど、時々何がきっかけだったかなと思う事がある。


私はマーフィーの本を、中学校の時に読まされた。
中学1年か2年かな。衝撃的だった。


あの時こんな本を読まされなかったら、
今頃こんなことをやっていなかったかもしれない


僕らの時代は、伝記が流行っていた。
キュリー夫人や野口英世などなどやまほどあった。


今から思うと、ああいう教育こそ必要だと思う。
人生のモデルを作り、人間のサンプリングが増える。


お父さん、お母さん、学校の友達、先生だけでは足りない。
人生のモデルや憧れる力が育たない。


小説やTVゲームのモデルだけでも全く足らないんだよ。
そのままでは、目指す世界が小さくなってしまう。


現実の模倣になる。現実の模倣が有効な時代は、もう終わった。
なぜなら、変化が早いから・・・。


自分で考えられるような、
そういう状況に育ててあげたほうが、いいと思う。


やるべきことは2つ、必要なのは、『童話』と『伝記』だ。
ファンタジーと伝記で、世界を広げるんだ。


ファンタジーと伝記を読ませることをお勧めする。


人が過去にどう生きてきたか、小学生や中学生の時に
仕込んであげないとね。これは、あとからは、無理だ!


高校生で、伝記とかを読ませたら「こんなの関係ねー」ってなっちゃうだろう。
まして学校で、いろいろ進められたら、嫌になっちゃうだけだ。


でも、小学生なら「こいつすげー!」って素直に感動できる。
12歳くらいまでなら、前頭連合連野はできてない。
これは、大脳生理学で衝撃的なことの一つ。


だから、小学生は、時間の概念がないんだ。
過去と現在と未来、一直線上の垂直線じゃないんだ。
いつでも、これは、頭の中で考えついた抽象的概念にすぎない。


私たちは、休憩時間が終わった、
そして、授業が始まった・・とすると、今は授業中、
そしてその前は、お休み時間=過去という意識がある。


こういう頭の使い方は12歳以降だ。
そういう意味では、12歳までに歴史を勉強する意味などない。
でもやる。それは、歴史の勉強は、信長はこの世界のどこかにいて、
戦国時代もどこかにあってという、彼ら小学生にとってはリアルなんだ。


ロールプレイングゲーム、PCゲームなぜ、はやるのか?
彼らにとって現実だから。僕ら大人にとっては、ゲームだけど。
12歳までにどんなサンプルが必要か、もっと考えるべきだよね。


童話と伝記で、憧れる力を育てもっと世界を広げてあげてほしい。


(2010.4.29 清水義久先生 金運アップセミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。