教育・心理学・哲学 - 成功.me

HOME > 教育・心理学・哲学

【教育】人生のモデルをつくる「憧れる力」

伝記.jpg

このような気の能力や気功の講座講師を
始めて30年以上経過したけど、時々何がきっかけだったかなと思う事がある。


私はマーフィーの本を、中学校の時に読まされた。
中学1年か2年かな。衝撃的だった。


あの時こんな本を読まされなかったら、
今頃こんなことをやっていなかったかもしれない


僕らの時代は、伝記が流行っていた。
キュリー夫人や野口英世などなどやまほどあった。


今から思うと、ああいう教育こそ必要だと思う。
人生のモデルを作り、人間のサンプリングが増える。


お父さん、お母さん、学校の友達、先生だけでは足りない。
人生のモデルや憧れる力が育たない。


小説やTVゲームのモデルだけでも全く足らないんだよ。
そのままでは、目指す世界が小さくなってしまう。


現実の模倣になる。現実の模倣が有効な時代は、もう終わった。
なぜなら、変化が早いから・・・。


自分で考えられるような、
そういう状況に育ててあげたほうが、いいと思う。


やるべきことは2つ、必要なのは、『童話』と『伝記』だ。
ファンタジーと伝記で、世界を広げるんだ。


ファンタジーと伝記を読ませることをお勧めする。


人が過去にどう生きてきたか、小学生や中学生の時に
仕込んであげないとね。これは、あとからは、無理だ!


高校生で、伝記とかを読ませたら「こんなの関係ねー」ってなっちゃうだろう。
まして学校で、いろいろ進められたら、嫌になっちゃうだけだ。


でも、小学生なら「こいつすげー!」って素直に感動できる。
12歳くらいまでなら、前頭連合連野はできてない。
これは、大脳生理学で衝撃的なことの一つ。


だから、小学生は、時間の概念がないんだ。
過去と現在と未来、一直線上の垂直線じゃないんだ。
いつでも、これは、頭の中で考えついた抽象的概念にすぎない。


私たちは、休憩時間が終わった、
そして、授業が始まった・・とすると、今は授業中、
そしてその前は、お休み時間=過去という意識がある。


こういう頭の使い方は12歳以降だ。
そういう意味では、12歳までに歴史を勉強する意味などない。
でもやる。それは、歴史の勉強は、信長はこの世界のどこかにいて、
戦国時代もどこかにあってという、彼ら小学生にとってはリアルなんだ。


ロールプレイングゲーム、PCゲームなぜ、はやるのか?
彼らにとって現実だから。僕ら大人にとっては、ゲームだけど。
12歳までにどんなサンプルが必要か、もっと考えるべきだよね。


童話と伝記で、憧れる力を育てもっと世界を広げてあげてほしい。


(2010.4.29 清水義久先生 金運アップセミナーより)

【教育】大きな器をつくる「子供への声のかけ方」

子供.jpg

気功的に言うと、小さいうちは、ずっと共振現象が起きるというか、
向こうがずっと解放系で、開いてます。


だから、人生のモデルを想念でインストールできます。
お母さんの迷惑をかけないいい子になってねとか、身体丈夫でねとか。


元気な赤ん坊がキャッキャと動いて、よく眠り、よく食べて、
病気もなくて、良かったわ―というイメージを作ったり、
コトバで言ったりして、伝わったと思う。
すると、それがその子の潜在意識の規定音になるんだ。


物心つくまで、幼稚園にいくぐらいまでの年代は、
いくらでも人生の修復ができる。
思った通りの子になれる可能性を持っているんだ。


だから、この子はバカな子、私の子供だから
ダメという母親の想念は、その子の人生を決めてしまう。


私は、あなたができるって思ってたのよ~、みたいに、
過去形でいいこと言ってあげてよ。確定申告のように確定されていく。


それをどういう方向になりたいかと思うのは、親の自由。
スポーツマンなのか、学者なのか、大企業の社長なのか。


想像してあげることが、宿命の半分になってしまう。
けっこう大きいのではないだろうか。


環境が変えている。育ててくれている。
親の想念や思いが、その子の前半部分の規定するレールとなる。
もちろん、大きくなっても修復できるけど、親の想念って結構強い。


そして、「いい子になってね」という声かけだけだけではダメです。
なぜなら、エネルギー体が、親より小さくなってしまう。
いい子というのは、親にとっていい子だから。


それは、親の命令を聞きなさいという、上位構造を作り、
親が飲み込んでしまうことになる。

いい子だねというと、その子は自然と親の思ういい子に合わせようとして、
小粒になってしまう。いい子はいい子と褒めたらいいでしょうが、
もっと具体的なことをいったらいいでしょう。


「大きく、たくましく、頭がよく、元気いっぱいで、
優しくて、幸せになるんですよ」と書き込んであげたらいい。
「他の人の面倒が見れるほど、逞しく大きな人になるんですよ」
といえば、それは、リーダーです。


最初からリーダーの要素を入れるといいでしょう。
それは、いい子であり、元気で逞しく、ほっておいても、トップになる器となる。


親の概念で色々入れるより、その子がどう生きていくのかという
モデルやひな形を入れていくことをちょっと考えてみるといい。
つよく、たくましく、やさしく、大きく、かしこく、要素を全部言うといい。


で、その声かけは、「○○になりなさい」という命令形ではなく、
「あなたは賢いんだから。」「あなたは優しいでしょ。」と
「○○だから」と確定するのがいいでしょう。


しかし、兄弟ができたら、「あなたはお兄ちゃんだから」
というのは、ちょっといただけない。上下関係を作るだけだから。
「あなたは頭がいいでしょ。優しい子でしょ。」というと、
自然と「だから、あなたが弟を見てあげなさい」とニュアンスが入る。


逞しくて、優しくて強いあなたは何をするの?
「そうだ、僕が守ってあげなきゃ。弟を守ってあげなきゃとなる。」
そういう誘導の仕方がいいだろう。


独立した意識として、リーダーの器を目指す。小さい時から、
いい言葉を送ってあげると、自然と大きな器の子になると思いませんか。


(2011.10 清水義久先生のVIP限定SNSレターより)

【世界の宗教】ウパニシャド哲学「ウパニシャドの1枚の葉っぱ」とは?

ウパニシャッド.jpg

ウパニシャドという、世界最古の文献の中に素敵なフレーズがある。


「葉っぱ1枚が枝から落ちる時、この宇宙は震える。
 宇宙が振動する。一枚の葉っぱは、全宇宙を震わせているのだ。」


宇宙と個人の心が同一だというもの。
ウパニシャド哲学。私の心に宇宙がある。あなたの心に宇宙がある。


あなたが、「葉っぱが、枝から落ちたな」としか見なければ、
世界は閉じた一つの集合となる。その運動量はわずかで、世界は変わらない。


しかし、この振動で、この空気を動かしていると気がついた時、
葉っぱ一つ落ちることで、この空気を振動している。


つまり、落ちていく葉っぱで、世界は変わる。
葉っぱがやっている仕事は、あなたが思っている背景で変わる。


この部屋を動かすような振動を感じる人と、
ウパニシャドの賢人たちのように、宇宙全体が振動したなと思える人は、
感じられる人は、世界を動かせる。


なぜなら、葉っぱ一枚で、世界が動くことを知っているのだから。


世界を変えるのに、量や質をどこまで高めても、
あなたの葉っぱがよくなるだけ。しかし、その反対の方法がある。


その葉っぱが含まれている集合はなにか?
それは、この枠組みを広げることだ。そうしたら働きがかわる。


例え、わずかな量でも、枠組みを変えたら威力はかわる。
そうしたら、世界を変えたり、運命を変えるのに、
時間はかからないというのがわかる。


それを眺めるように、そっと静かにしていたら、
その宇宙が、そこからふっとでてくる。そのときあなたは本物になる。


(2010.2.20 清水義久先生 願望実現セミナーより)

【人生哲学】心の龍を本物にする辰年の過ごし方

dragon.jpg

2012年は、壬辰(みずのえたつ)年。
十二支の中でも、唯一幻想の生き物ドラゴンの年です。

ドラゴンの年は、九星気学では五黄の土。
比較的弱りやすい年であり、チャンスは全員には来づらい、
頑張った人、自立できた人に幸せをもたらす年です。

相場の世界では"辰巳天井"といって、
辰年の株価は急に上がるため空に昇る龍に例えられています。

しかし、全てが上がる年ではなく、
急に株価が急に下がる危ない年でもあります。

このタイミングで、気功を学んでいる皆さんにとっては、
非常に貴重な年になります。
 
震災後に来日した、龍の国旗を持つブータンの国王が、
被災地で素敵な話をしてくれたそうですね。

---

人の心の内側には、龍がいます。
その龍は人の経験を食べていきています。

あらゆる経験は、その龍を育てます。
特に、辛い事悲しい事を。

そして、今回の大震災にあった皆さんは、
その経験は無駄にならず、大きく成長されると、
私たちは信じています。

---

そんな話でした。素敵な人たちだと思いました。
心の中に龍がいるなんて話をするのは、
ブータンの国王と私たちの講座だけかもしれない。

それぐらい、
怪しげな話をしていることはわかっています。

しかし、日本人の心の中には龍がいます。

日本地図をご覧ください。
北海道を上にした図でも龍のように見えますが、
九州を上にした時、驚くほど龍の形に見えるのがわかります。

私たち日本人は、近代化を推し進めるうちに、
いにしえから伝わってきた大事な教えを
忘れかけているのかもしれません。

幻想の世界に住むドラゴンは、
希望で明るく輝く世界と私たちの住む現世、
まだ明らかになっていない世界と現実世界、
陰と陽の世界との橋渡しをしてくれる存在です。

陰と陽の世界の架け橋となる龍を、
成長させていくことが来年のキーポイントです。

それを知った私たちは、
来年辰年の過ごし方がわかってきます。

辰年の龍は、空飛ぶ龍ではありません。
地面の水辺で、水を飲み戯れている地を這う龍です。

その龍をあなたの頑張りで飛ぶ龍に変えていく。
だから、地を這う地道さを問われる年になる。

こういう時は、地味だと思っても、
じっくりやっていくというのが、
結果的に、一番力をつけていく時になる。

大きく言えば、心の龍を本物にするんだ。
あなたがこの先10年20年30年を見据えて、
新しいことを何か始めるといいでしょう。

しかし、結果は急ぐな。
来年すぐに結果は出ないものだと思ってください。

けれど、辰の年は、そういった頑張りをした人、
いい人、天が許す人、地道に努力を怠らない人に
チャンスが巡ってくるようになっています。

龍、竜、いずれの字にも「立」という字が入っている。
ドラゴンというのは、一本の柱が立つこと。

周りの人や環境のせいにせず、自らの足で、
しっかり自立し、私が頑張ると言えるかどうかだ。

一見地味なことでも、基礎的な力をアップすることで、
結果的に、幸せに年を乗り越えていけるようになります。


(2011.12.17 清水義久先生 フェーズ4周易セミナーより)


1




無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。