【世界の宗教】ユダヤ神秘主義の根幹「生命の樹」とは? - 成功.me

HOME > 世界の宗教 > 【世界の宗教】ユダヤ神秘主義の根幹「生命の樹」とは?

【世界の宗教】ユダヤ神秘主義の根幹「生命の樹」とは?

生命の樹.jpg

古代の錬金術師とは、賢者の石というものがあり、
あらゆる願いを叶えるときに、その石を媒介・触媒として、鉛を金に変えたという。


そういう物質をほしがり、結果化学的な意味で、
発展していった。心理学者ユングが言った通り、あれは比喩です。


黄金とは何か?賢者の石とはなにか?


色々な解釈があると思いますが、
我々の世界では、「気のエネルギー」といっていいでしょう。


そして、気功とは身体を練る鍛錬の事であり、
人の体が創造の場なのです。これは、人類最大の秘密の一つ。


ヨガではチャクラといい、カバラでは、生命の樹という。


エネルギーの大きなスポットである「セフィロート」には、
各働きがあり、エネルギーを集約させた時に効果や働きがかわる。


気のエネルギーをセフィロートに入れた時、特殊な働きをするのです。
そのセフィロートは、人体上にあるため、錬成する場が人体であり、
投げ込むエネルギーが、賢者の石です。一つ一つの働きは、
現世ご利益に結びつく特殊な働きを持っている。


世界中の人が仕事ができる人で定番のようにいう、ユダヤ人の技です。
カバラというのは、西洋人の魂の故郷のような話であり、
ユダヤ神秘主義の根幹です。


イギリスの名門の貴族の方々は、日本の天皇家よりも古い。
2千年3千年と家が続いている。イエス・キリストが出生したのも
2千年前にもかかわらず、家系図がそれより1千年も前からある家もある。


歴史がそこまで古いということは、それだけの時間と空間の認識を
持っているということです。


中国人は、個人の人生に300年という感覚がある。
自分の世代だけでなく、子供・孫の時代まで含んでいる。
1代にして孫の代まで暮らせるほどの3代の金を稼ごうとしている。


一人一人が生きている時間と空間の認識の違いが
なんとなく分かってきましたか?


ビジネスでお金を稼ぐという時に、
私たちが生きている時の空間の感覚と時間の感覚という
忘れているフレームワークがある。モチベーションを高めましょう。


やりたい事を考えましょう。意図しましょう。決断しましょう。
頑張りましょう。そうやっているあなたは、いつまで続く意思なのか?


中国人は百歳までしか生きられない時間の中で3百年生きている。
あなたの財産を300年後まで伝えようと思って働く事無いだろう?
子供に伝えたいとも思っていないのではありませんか?


孫は可愛いけれど、その子も含めて遊んでいけるだけの
お金を稼ごうと思っていないのではありませんか?


ビジネスサクセス頑張ろうと思っても、
モチベーションの質が根底から違ってしまう。
空間と時間の大きく感覚を持つことが、
人生を変えるキーコンセプトなのです。


(2010.12.10 清水義久先生 仕事ができる気功術セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。