法華経 - 成功.me

HOME > 日本の宗教 > 法華経

【日本の宗教】仏に覚醒する一番近道を示す「法華経」

法華経.jpg

法華経、一言で言うと、すべての生命の中に仏が入っている、
草も山もありとあらゆるものが仏となりうるものを持っている、ということ。


核心部分は、人間の未来は仏である。
あなたは今は未熟だけれども、遠い未来に仏に変わっている、
それが約束された存在だから人間として生まれている、
だから早く修行をしなさい。、ということを言っている。


六波羅蜜とは、法華経で取り上げられた、修行の6つの方法で、
例えば、「布施」とは「与えよ。自分以外の存在にできることをしてあげる。
あなたの我欲が減るだろう。仏陀に覚醒する一番早い道は、利他行である」、
と書いてある。すべての修行はそのためにある。


しかし、それがイコール寄付金ということではない。
お金やご飯など、物質の世界や有限でなかなかあげられない、
融通が利かないかもしれない。お金以外のあなたの気持ち・思い・
生きざま・知恵などを、他の人のために与えれば良い。これが布施の行である。


法華経には、人は誰か他人の為に力を使う時に仏になる、
と書かれている。あなたが、誰かに「やられた!」と思った時は、
自分の事しか意識していない。やられた部分ばかりに意識がいって、
そこから抜け出せない。世界が閉じている。


例えば、買ったばかりの新車にこすった傷を作ったら、
そこがずっと苦になり、その他の部分がきれいなのには目がいかなくなる。
それと同じことを人生でやっていないだろうか? 


しかしそうではなく、やられた時にやられた自分を見ないようにすべきである。
こすった車の傷を見ない。新車でピカピカなところを見る。
自分のことしか意識しないのではなく、他人の為に力を使おうとすると、
あなたの中の一番力強く上等な部分にスイッチが入る、
すると自家発電のように力がどんどん湧いてくる、
というのが法華経を始めとする大乗仏教の教えである。


(2009.7.19 清水義久先生の空海セミナーより)

宮沢賢治と法華経

宮沢賢治が生涯信仰した
たった一つのお経とは、『法華経』です。

世界を幸せにしたい、
そうでないと私の幸せがないというほど
幸せを求めていた宮沢賢治は、法華経を信仰した。

自分の全生涯は、法華経を人にお伝えし、
お知らせするためにあると遺言で残したほどだ。

童話も詩もすべて捨ててもらっていいというほど、
彼はそれほどまでに法華経に入れ込んだ。

宮沢賢治の世界観の一番中核に、法華経があり、
それは、大周天の極意であり、その世界観を
仏教的に支えてくれているコンせプトが「法華経」

法華経を学ぶことによって、気功の極意が学べる。
世界と自分のつながりをもう一度
論理的に再構築することができるんだ。

法華経のコンセプト自体は、凄くピュアで、
凄く核心のトップ。神仏が私の中にいるということだ。
しかし、このことは十分気を付けなければならない、

ともすると、帝王になってしまうし、あるいは、
レベルが高い人だけが神仏と共振して助けられていくのは
当たり前だろ!というツッコミが出てくる。

生まれが悪い、カルマが多いとか、
失敗し続けている人は、うまくいくと思えない。

売り上げがない、もう絶対に無理!というマイナスの時に、
神仏や幸せに共振することを考えれば考えるほど、
水と油のように逆に分離感が強くなる。

普段の僕らの講義では、その状態をシフトチェンジし、
自己変革を起こそうという方法論をお伝えしているが、

法華経では、また別の道が提供されていると
僕は考えています。

(2011.11.23 好き勝手セミナーより)


1




無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。