【日本の宗教】山と田んぼ - 成功.me

HOME > 日本の宗教 > 【日本の宗教】山と田んぼ

【日本の宗教】山と田んぼ

目に見えない力を、皆さんは信じていますか?

例えば、神様や仏様、イエス様は信じないけれども、
朝のテレビでちょこっと出てくる占いには興味深々。

宝くじを買って当たった時には、
運があった!と大喜びなんて事はあるでしょう。
神様に限らず「運」も目に見えない力だと思います。

今回は、稲作においての信仰についてのお話です。
昔の稲作は、頑張っても最後は天候の運任せでした。

昔は、山も田んぼも同じ神様だった土地が日本の各地にあります。
田植えを行う前に、山から神様をお連れして、
田にある祠や社にお祀りする。無事、収穫が終わると
神様に感謝をして山にお戻り頂く。

このサイクルは、形骸しつつも現代も残っています。
山と田、この二つの間で神様はグルグル巡回している訳です。

八百万の神がいる日本で、
何故このようなまどろっこしい形を採ったのでしょうか。

田は田の神、山は山の神として祀っていれば、
こんな面倒なことはないと思いますよね。

ここで登場するのが「目に見えない力」です。

山とは何か?
昔の人々は山を怖れると同時に敬っていました。
それを、畏敬の念と言います。

山は自然な若々しさを持ち、動物の拠り所になっている場所です。
ここに自然の「目に見えない力」を感じ取ったのです。

田植え前に山から自然の力を分け与えてもらい、
田を山のような自然のエネルギーで潤して欲しい。
利己欲ではなく共同体の運命を担った神頼みをしていました。

皆さん、お神輿を担いだことがありますか?
町全体をお神輿が回る。
これも神社から発った神様のエネルギーの循環と言えます。

正月も似てるかもしれません。
先祖の霊や歳神だったり様々なバリエーションがありますが、
こちらも正月にやって来る神様という「見えない力」を、
おもてなしし、家の繁盛を神様に毎年お願いする。

これは、冬に入り植物などが枯れる姿が、
生命力の減少した結果だと信じられ低下した生命力を上げる
儀式の一つなのかもしれません。

外国の話になりますが、
クリスマスもキリスト教と癒着するまでは、常緑樹を植えて、
常に緑を湛えるモミの樹から生命エネルギーを得ようとする
信仰だったのではないかとの説があります。

このように昔の人々は「目に見えない力」を、
色々な手段を使ってお借りしていたのでしょう。

(スタッフM)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。