イメージ空間に感動を - 成功.me

HOME > 成功法則 > 引き寄せの法則 > イメージ空間に感動を

イメージ空間に感動を

sun.jpg

太陽の位置を確認するのはなぜか?
それは奇跡を起こすため。

奇跡波動はどうしたら起こせるのか?
私たちはいつもそういう発想をする。

何かかをやりたいとき、
「出来ない」という条件は何なのか。

奇跡を起こしたい。
では奇跡を起こさないためにはどうしているのか?

それは、簡単。
奇跡とは人の限界を超えること、
だから、起きるつもりがない。

そこで出来ることはいつもの私が予測できること、
だから、そう予測したことにしかならない。

では、どうしたらいいか?それは、私がやっていながらも、
私以外の世界をイマジネーションの世界に引きずり込めばいい。
思ってもみなかった・・・と。

それが太陽。

わかりづらい微妙な内容だと思うが、
諦めずに考えながら聞いて欲しい。

「天うつし」という技がある。
イマジネーションで空の上、雲の上までいく技だ。

足元に雲海、空には青空と太陽。
そこでエネルギーを十分汲んで持ってこれる人は、
どんな人だろうか?隠れたパラメータは何だろう?

ルーチンワークとしてやっているから、
足元の雲海と青い空と太陽をいつでもどこでも、
どんな時でも、同じく作れるようになる。

しかし、そこには奇跡が起きない。
なぜなら、自分がつくった世界をイメージだと
思って見てるからだ。それはあなたの想像に過ぎない。

だから飽きてしまう。
「はいはい、いつものね。」とそこに感動はない。

そういうふうにはやってほしくない。
なぜなら、奇跡が起きる余地などないからだ。

空を駆け抜ける鳳凰のようにあなたが飛び上がる時、
白い雲を抜けていく時にワクワクしているか?

頭の中の想像が言われた課題をこなす時、
それはうまくできても0点だ。

イメージに感動が必要だ。

「天うつし」の場ですさまじいエネルギーを
もたらすのは、映像のクオリティや精密さではない。

奇跡をもたらすのは、
そのイマジネーションが生きているかどうか、だ。

つまり、あなたが感動を持ちこんでいるかどうか。
あなたがワクワクしているかどうか。

音速の速さでシュンと風を切って上がっている時、
体で感じ、飛び上がり、気づくと足元に雲海で、
360度のパノラマが開かれる。

恐れがあり、ドキドキとした高揚感がある。

そして、そういう気持ちの向こう側に、
ふっと静寂の世界がある。
そのシーンと静まり返った雲の上に自分がいる。

そして、先ほどの嵐のような風は、
どこにいったのかというほど、どこまでも青い空。

この世界、この宇宙でたった一人。
そういう絶景を、自分の経験で出会った時、
あなたは感動したのではないか?

イメージ空間でもそういう感動が必要さ。
そして、そのイメージ空間に喜びや感動があると、
外に漏れる。伝わる。

その人がたとえ、眼を閉じてジーッとしていても、
気がわかる人には、わかります。

そこに必要なのはイメージの完璧性ではない。
あなたの感動によってエネルギーが伝わるのだ。


(清水義久先生のフェーズ2セミナー議事録より)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。