愚痴呼吸と愚痴小周天 - 成功.me

HOME > 成功法則 > 引き寄せの法則 > 愚痴呼吸と愚痴小周天

愚痴呼吸と愚痴小周天

sky.jpg

皆さんはスワイショウや愚痴呼吸を続けているだろうか?

スワイショウの効果と活用法


マイナスを吐き出す愚痴呼吸のやり方

一番シンプルなのは、愚痴呼吸。

「世の中辛いことばっかりだなぁー」
「明日から職がないなぁー」
「末期ガンであと何日だよー」と、

手からエネルギーを出しながら、
自分のどうしようもないことを一息で言う。

それを、5分でも10分でも
ありとあらゆることを全部言った後、
最後に「ま、いいか」と言う。

「まぁいいか」と思う必要はない。
思う事はできないだろうから。
ただ機械的に、言うだけでいい。

そうやって全部、愚痴るのが愚痴呼吸。
これが最初のステップ。

この愚痴呼吸には次のバージョンがある。
それは、愚痴小周天。

フェーズ1で習得する小周天。愚痴を言いながら、
小周天の動作を伴う方法。これはけっこうハードだろう。

【気功法】小周天の基本動功「鳥の型」と「亀の型」

マイナスを愚痴で消していくこの方法は、
毒は毒を持って制すという同種療法のようなもの。

ホメオパシーという薬にも同じような効果がある。
ホメオパシーは繊細なので教室ではお勧めはしていないが、
例えとして話をすることがある。

蚊を媒介するマラリアという病気がある。

ハーネマンという人が面白いことに気がついた。
キニーネの葉っぱの中毒がマラリアの症状と一緒という事に。

つまり毒を飲んで起きる症状と、ある副作用で痙攣したり
毒の作用、同じ症状を生みだす病気があったとしたら、
その毒で治る。そういうことを見つけた人がいる。

この発想が面白い。もちろん、そのままだと毒なので、
希釈して、ほとんど毒の効果がなくなるほど薄めて飲ませたら、
その病気が治ることが分かった。これをホメオパシーという。

これは、人間にとって毒だと思われていたものが、
同じ症状を生みだしている病気の薬につかえるという発想。
つまり、毒を以て毒を制す。それは愚痴呼吸も同じ。

「マイナスの言葉を発し、
共鳴現象で色々と引き寄せていると言うのだから、
マイナスのことは言わないほうがいいのじゃないですか?」

といいたい気持ちもわかる。それはそうだ。
しかし、マイナスの言葉をやめられないほどネガティブだったら、
マイナスな感情をやめられないほど病んでいたら・・・?

愚痴呼吸は有効だ。適用できる範囲、エリアがある。
これはこれで効く。

マンダラ的発想の話をしたことがあるけれど、
愚痴呼吸は愚痴呼吸のエリアで行えばいい。

最後には打ち消している。
ホメオパシーのような劇薬になる。

「わざわざ、愚痴ることがないんですけど・・・」
そういう人は積極的にプラスに方向転換してもらっていい。
愚痴ることがたくさんある人は、愚痴呼吸をやって欲しい。

(清水義久先生のフェーズ2セミナー議事録より)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。