パワーストーンの働きと選び方 - 成功.me

HOME > 成功法則 > 引き寄せの法則 > パワーストーンの働きと選び方

パワーストーンの働きと選び方

power stone.jpg

最近はパワーストーンという言葉が普通に使われていて、
情報は、本とかネットとかでたくさん仕入れることができる。

この教室のフェーズ3では、五行の話をしている。
五行とは木・火・土・金・水。この世界を5つのエレメントで表す。

その中で金のエレメントは金属のことであり、
石や鉱石もここに含まれている。

フェーズ1や2でお話する石や鉱石は、
水晶・アズライト・黄銅鉱・黄鉄鉱などになると思う。

物はエネルギーを出している。
それは輻射熱といって赤外線のようなもの。

ある種の動物は熱を眼で見ることができるけれど、
入らない領域が圧倒的に多い。電磁波も飛んでいる。

気というレベルのエネルギーも多重構造だけれど、
どの周波数に働きかけるかということによって、
働き方が違ってくる。

■アズライトの働き

人間の体や心にとってあらゆるレンジを包みこみ、
プラスの働きをしてくれるのが「アズライト」。

この教室の1日セミナーや一部のDVDで
お渡ししているパワーストーンの内、
藍色で少し緑が入っている石だ。

アズライトは、銅が酸化したもの。

10円玉は銅でできているけれど、
銅の原石がそのまま生成されずに原石のまま
長い時間が経ち酸化したのが、アズライト。

アズライトには面白い働きがあって、
第一に重要なところは人間にとっての
マイナスの波動を全てプラスの波動に、
ひっくり返してくれること。

それは、単純に言うと、
周波数の位相が変わるということ。

色々な世界には、プラスもマイナスも混在し、
内在している。同じ一つのフィールドに、
プラスのエリア、マイナスのエリアがある。

マイナスを全部抜き取り、
このフィールドから出してしまえば、
プラスが残り、エネルギーが入る余地も出る。

たとえば、同じペンのように見ても、
どこまでプラスのエネルギーが入っていて、
どこまでマイナスが入っているかはそれぞれ違う。

銅は人間に対して、基本的にプラスの性質を持っている。
そして、常にそれを外に向かって放出している。

しかし同じプラスであっても、クオリティがある。
つまり、荒々しく感じるものや、やらかいと感じる物など。

アズライトは銅が基調になっているので、
やわらかくプラスに変えていこうとする働きがある。

これ自体、人間にとってやさしいだけでなく、
自分に入り込んだマイナスを積極的に消滅させようとする。
内部空間、プラスが働きかけ、ゼロにしてしまう。

プラスによってマイナスからゼロになった後は、
普通は空っぽになっているんだけれど、
アズライトのプラスは結晶構造から出てくるので、
プラスがずっと自然発生する。

■パワーストーンの注意点

誰が持っても、アズライトだけは心配ない。

ダイアモンドを含めてすべての石の中で、
そういう働きを持っている鉱物はアズライトだけ。

ここまでの話は、「何もしなかった場合」なんだ。

自然の働き、石の働きによっては、
「放っておいたらプラス」だ。
副作用も考えられないので心配ない。

ところが、誰かが何かに気を入れるようなことをしたら、
話は別。もちろん、ネガティブは入らないアズライトは除いて。

他のパワーストーンは、人の想念が入る。
そのものを売っている人が良い人かどうか、
その石を採掘して、アクセサリーを作っている人が、
良い思いを持っているかということに影響される。

プラスによってマイナスからゼロになった後、
残りのスペースには、飽和水蒸気量みたいに、
ガラスの淵までははいるけれど、
でも表面張力で乗せられる部分がある。

そこはどんなときでも空いているし、
そこまで水を入れる人はいない。

色、材質、素材によって特徴がある。
それぞれの働き方というものがある。

困るのは、ある人にとっては良い働きをする石は、
ある人にとってはあまりプラスの働きにならないということ。

世の中で知られている誕生石という言葉があるけれど、
その人が何月生まれたかによって守護している石がある。

それは、その生まれた月の人にとってはいいけれど、
他の月の生まれによってはうまく働かない。

この教室でエネルギーグッズを紹介するとしたら、
どんな状態の人にも、その石を持っていたら元気になるもの。
だから、アズライトを紹介する。

パワーストーン選びというのは、気分とも値段と違う。
ものすごく高い宝石を買ったとしても、とんでもない
ネガティブが入っていたら何千万円しようが効果がない。

そこは気の感性が必要だ。今までは、気の感受性、センス。
測れない部分と思われていたけれど、たとえば、私たちに
とっては筋力テストなどで測るという方法を持っている。

ゆえにパワーストーンを使うべきかはあなたのセンスに任せます。
あなたの感受性でいいと思えば使ったらいいでしょう。

(清水義久先生のフェーズ2セミナー議事録より)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。