人間関係 - 成功.me

HOME > 悩み解決 > 人間関係

【悩み解決】やりたいことばかりの人

EQ091_L.jpg

周りのために、誰かのためにとがんばってしまう人とは違って、いわゆる「いい加減な人」というのもいる。

たとえば、結婚して子どももいるのに、お母さんがパートに言って働いたお金を掴んでギャンブルにばかり行っているとか。

仕事の場で「君、これお願い」って言われても「無理~」で済ませてしまう人。

こういう人は「やりたいこと」しかない人と言っていいだろう。

夢と義務とを書いてもらったときに、夢のほうが多い人は、たとえばガンやウツになったりすることからは遠いかもしれない。

しかし、そういう人は社会を見なければいけない。

まわりは働いていて、頑張っているんだってことを。

「俺、音楽で食ってくんだ。たまたままわりは理解できないだけ」

と言いながら、家族との関係、介護とかそういうことに関わらない人は、「空間が閉じている」「中に自分だけしかいない」という人生を送っている。

そういう人は義務と責任を負って欲しいものだし、「義務ばかり」の悩み解決に向かうのとは、また違うアクションが必要になるんだ。


(清水義久先生 願望実現セミナーより)

【人間関係】人間関係が少し楽になる方法

あなたの過去の人生で、人間関係の悩みがあったなら、思い出して欲しい。

あなたに害を与えた人、この人は一番大嫌いって思った人を思い浮かべよう。

その人があなたの目の前にいると想像してみて欲しい。

今私はここにいます。
今私はここにいます。
その人は私の知らないところでヌクヌクと生きいている。

この2つのことを文章で確認した瞬間からスタートします。

そして時間は、日常の時間が流れていきますが、その人だけ、時間が過ぎていきます。

さあ、10年の時間が過ぎたら?

私は今ここにいます。その彼は20年後、その人はどんんなみすぼらしい姿になっているだろう?

白髪になり、腰は曲がり、骨と皮になっているかもしれない。

また10年経って、その人は老人として、やせ衰えて病院に入院している。

また10年経てば、その人は死んでしまうだろう。

彼、彼女を、その痩せ衰えた死体が転がっていると想像しよう。

また10年が経てば、骨が残り、髪の毛だけが残り、死体はバラバラになってしまう。

さぁ「私は今ここにいます。元の世界にもどります。その人はこの地球のどこかに生きています」と考えてみよう。

ホラ少し楽になる!

(「できる人の気功術」セミナーより)

【人間関係】人間関係が苦しいわけとは?

「慈悲」という言葉は「慈しみと悲しみ」と書くんだ。

僕はこの言葉から、人間関係を楽にする方法を悟った。

「悲しみ」というのは、時間軸の中で「未来にいって死んでしまう」ことを考える。

すべてのものは死んでしまう。ゆえに悲しい。

一方で、全てのものを誕生の状態で戻すと、赤ん坊に対する「慈しみ」の感情が沸いてくる。

人間関係が苦しいとき、あなたを苦しめている相手を「悲しみ」「慈しみ」の両方で挟み込むことができたとき、慈悲の心が生まれ、相手を許せるということなんだ。

許せないのは「今ここで」のこと。

現在、今にしか、想像を広げられないがゆえに、苦しみの対処になる。

しかし「慈しみ」「悲しみ」の枠組みを持っている人には、嫌いな人などいなくなるんだ。

なぜなら、その枠組みをもっているあなたの方が、巨大だからなんだ。


(「できる人の気功術」セミナーより)

【人間関係】人間関係がもっと楽になる方法

あなたの前に、人間関係の悩みを生じさせた誰かがいると、想像しよう。

「私は今ここにいます」

その人を若返らせて、あなたに人間関係の悩みを生じさせるもっと前の時間まで戻してみよう。

まだ、あなたと出会うことがなかったとき。

その人は元気そうな姿で日常生活を営み、学生生活を送り、友達と楽しく過ごしている。

次にもっと時間を巻き戻してみよう。

赤ん坊になった、乳飲み子になったと思うことにする。

あなたは、その「憎たらしい赤ん坊」と他の赤ん坊の区別がつくだろうか?

みんな同じに見えるのではないだろうか?

あなたは、生まれたばかりの赤ちゃんはを、殴ったりけったりできるだろうか?

赤ちゃんだった状態のときに、悪の因子はなかったんだ。

ただ、その人は、人生を間違えたんだ。

だから、嫌な大人になってしまったんだ。

さあ、あなたはゆっくり目を閉じて、赤ん坊を抱きかかえたまま、この世界に戻ってこよう。

あなたの手の中には赤ん坊がいるけれど、今度は人生を間違えないように、正しい時間を作って、よい人間になった姿の、よいおとなになったと想像しよう。

赤ん坊が人生を間違えないように、あなたが抱きかかえ、保護するんだ。

「私は今ここにいます。手の中の赤ん坊も、ここにいます」

このイメージの空間で、赤ん坊を外の世界に送り出し、あなたのことを相手は許しはじめる。

こうすることで、人間関係の悩みは楽になっていくんだ。


(「できる人の気功術」セミナーより)

【人間関係】人間関係の悩み解決には

自分の心の健康を守り育てていくことに加えて、自分の外にある人間関係、たとえば家族、他人、会社、グループといった人間関係を、どうやって改善していけばいいのだろう。

たとえば、会社で出世して部下ができた。

しかし、部下がなかなか言うことを聞かない。

あなたの心が乱れてしまう。

こういうことも、私の願望実現セミナーを通して、身につけていただきたいと思う。

人間関係の改善法というのは、いろいろな方法や内容で、いろんな人がノウハウを提供している。

私が提供しているのは「気のエネルギー」というものを根本において、人間関係の問題を解決するため、そして、あなたの人生の意味と目的を達成するために、使って欲しいということなんだ。


(「できる人の気功術」セミナーより)


1  2




無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。