【悩み解決】原因を探らず問題解決する解決思考アプローチとは? - 成功.me

HOME > 悩み解決 > 【悩み解決】原因を探らず問題解決する解決思考アプローチとは?

【悩み解決】原因を探らず問題解決する解決思考アプローチとは?

puzzle.jpg

あなたは、過去のネガティブやトラウマを
原因究明して、解決や消滅しない限り、
幸せや成功が訪れないと思っていませんか?

はっきりお伝えしたいと思います。
原因究明しなくとも消滅しなくとも、幸せや成功は訪れます。

大切な部分を繰り返すと
ネガティブやトラウマがなくならなくても、
適切な知識と方法を行えば、成功や幸せがやってきます。


その適切な方法をお伝えする前に、
まずは、知識の部分をお伝えします。

確かに過去のネガティブやトラウマが、
成功や幸せの足をひっぱる事はあるでしょう。

そのため、カウンセリングなどの心理学的立場では、
原因を究明して、その原因を解決することで、
症状をリセットすることを目指します。

しかし、原因究明型の解決法は、
原因と結果という因果関係を探るため、
過去の苦しさや痛さを、再び誘発することも考えられます。

しかも、我々人間の心は複雑にできているため、
原因は1つとは限りません。派生していくつもあるでしょう。

その1つ1つを解決していくのは、
膨大な時間と大変な労力がかかります。

もちろん、有効な方法もありますし、
そのような方法を否定しているのでもありません。

ここでがお伝えしたいのは、
「別のアプローチがある」ということです。
お伝えしたい大切な知識は、この2つです。

-------------------------------------------------------
■その1:「解決志向アプローチ」

解決志向アプローチとは・・・
「問題やその原因、改善すべき点」を追求するのではなく、
解決に役に立つ「リソース=資源(能力、強さ、可能性等)」に
焦点を当てそれを有効に活用すること。

■その2:「プラグマティズム(実用主義)」

プラグマティズム(実用主義)とは・・・
事象を即して具体的に考える立場で、
観念の意味と真理性は、それを行動に移した結果の
有効性いかんによって明らかにされるという立場。
実用主義、道具主義、実際主義とも訳される。

※プラグマティズムは、別の記事でも解説していますので、
参考にしてください。

【能力開発】プラグマティズムとは?

【能力開発】人生を立て直す「プラグマティズム主義」

-------------------------------------------------------

この2つのアプローチと立場を、
有効的に使うと、下記ような考え方を導き出すことができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
過去のネガティブやトラウマを解決せず、
その原因を抱え持っていても、苦しくなく
今の自分に影響がない状態になっていたらよい。

大げさに表現すれば、
過去のどんな嫌なことが原因として残っていても、
今すっきりし、そのトラウマに何も感じないとしたら、
無いのと同じ。治った傷跡でしかない。
___________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「そんな事、実際に傷ついた本人じゃないから言えるんだ!」と、
反発を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、一つ目の知識「解決志向アプローチ」の
開発者の一人であるミルトン・エリクソンは、

健全に生まれたにもかかわらず、幼少時に小児マヒになり、
一生激痛に苦しみ車イスの生活で過ごしながらも、
世界を呪詛せず、豊かな人を構築していく心理学を生み出した人物。

その彼は、苦しい事や辛い事、ネガティブもトラウマも、
全てを包み込む大きな器であった事が容易に想像できるでしょう。

このアプローチの有用性は、
彼自身が証明していると言っても過言ではないでしょう。

しかも、私たちは、このアプローチを踏まえつつ、
プラグマティズムに徹して
本当に役に立つかどうかを考えていくことにあります。

プラグマティズムって何?と、
ピンとこないかもしれませんので少しお伝えすると、

幾何学を解くのに、作業仮説として補助線を引きます。
補助線を引く事で、解くことができます。

例えるなら、プラグマティズムとはこの補助線。
その補助線は本当はナイものだとしても構いません。

その補助線がある事で答えを導きだすことができ、、
現場で使えるかという有効性を考える事に意味があります。

この2つの重要な知識だけでも非常に有用ですが、
もう1つ欠かせないものがあります。

それが「プラスの気のエネルギー」です。

これは絶対不可欠な要素です。
これまで堅い話をしていたので突然傾向が変わり
驚くかもしれませんが、そこがミソです。

なぜなら、原因であるネガティブやトラウマは、
過去に起こった出来事であり、今は見えないもの。
つまり、見えない世界に存在します。

見える世界は、あなたの知識と思考で正しく管理し、
見えない世界は、気のエネルギーで統制することで、

結果、過去のネガティブやトラウマを、
"治った傷跡"に変化させる事ができるのです。

気のエネルギーと聞くと怪しく感じるかもしれませんが、
元々私たち東洋人にとっては、気とは身近な存在であり、
インドのヨガ、中国の道教など、東洋全体に気を養う文化。

気の能力開発である「気功術」で、
プラスの気のエネルギーを使えるようになることで、

抱え持つ問題を原因究明して解決せずとも、
幸せや成功を導く事ができるようになります。

これらの知識と気の能力、そして実践的な方法の
最新情報を私たちは常にお伝えしています。

清水義久先生のセミナー講義録より)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。