悩み解決 - 成功.me

HOME > 悩み解決

【子育て】気功的「子供の発熱の下げ方」とは?

子供の発熱の下げ方.jpg

子供の急な発熱は、心配になりますよね。
気功的子供の発熱の下げ方をご紹介したいと思います。


6・7歳以下の子供は、第7頚椎が一番大切です。
第7頸椎とは、首の骨の一番下で、首を前方に曲げた時に、
一番飛び出している首の骨です。


この第7頚椎の飛び出しているぐりぐりの周辺を刺激したり
温めると頭痛も腹痛も疳の虫もすべて治ります。


精神的なストレスも肉体的な疾患も子供の場合はこの処置が外せません。
大人になると鈍くなりますが、子供は必ず反応が出る。


手当て療法では、ここに手当てするのを覚えておくと良い。
気のエネルギーを入れたり、なでなでするだけでもいい。


特に風邪は気が虚しているので温めると良いでしょう。
その時、全体を温めてはだめで、局所を温めること。
温度差があるのがポイントです。


40度を超えるような高熱でも温めるといい。
病気そのものをやっつけるのではなく体そのものが整って、
回復していくのを促進します。


これでも、なかなか熱が下がらないようだったら、
親指と人差し指の井穴(せいけつ)のツボを押すといいでしょう。


親指の爪・・・人差し指側の生え際の脇
人差し指の爪・・・親指側の生え際の脇


その井穴(せいけつ)のツボをつまようじや、
ゼムクリップの先で少しチクっとするまで押します。


ここは肺・大腸の経絡の出口になっています。
少し、つまようじの先を当てるだけで邪気がシューット抜けて、
熱が下がることがあります。


清水義久先生のセミナー講義録より)

【人生】大事なのは、あなたが幸せになること

a0003_001267.jpg

あなたが自分の人生が、もっとよくなることを求めてください。


そして、このクラスで学んでいくことを、その視点から、
自分で徹底的に検証し、チェックをしてください。


知識はいくらあろうが関係ない。
そしてそんなことを皆さんに要求していない。
「あなたは幸せになりましたか?」大事なのはそこだけだ。


フロイトが何をいった。ユングが何をいった。
こんなことがある。あんなことがある。
フッサールが何を言っている。
そんなものは全部、あなたが幸せになるための道具に過ぎない。


もっとはっきりいうと、願い事得られるかどうかだって、本当はどうでもいい。
お金がたくさんはいることだってどうでもいい。


器をでかくするんだ。すべてのコンセプトはそこです。
一点集中してうまくやり遂げていくというのは、
安定している世界でしか通用しない。


一点集中して、努力している間に、
環境と事象と世界と政治が変わってしまったら、
お金がいくらあっても国家が崩壊したら紙くずだ。


そういう状況が迫っていてもそんなこともわからず、
一生懸命小売りをし、山ほど稼ぎ、一億円貯まったら、
「国家、破産しました。今日から千円が紙くずになりました。
一万円はタダと同じです」となったら、
あなたの預金一億円では食パン1個しか買えないぞ。


私達のお父さん・お母さんの世代は、終戦とともにそういうことを経験している。
お金がいくらあってもご飯が買えない世界があったんだ。
いまはそういう状況だ。国家が破産するような時代だ。
そんなときにお金だけ追求していたら遅れをとるだけなんだ。


仕事の成功も、家庭の安定も、学歴も、名誉も、
地位も、金運も、健康も全部、それはあなたが幸せ―そういう集合の要素に
過ぎないではないかと知ってほしいのだよ。


本当は全部欲しいんだろう?お金があったら、
それを使って旅行にいくとか、欲しいものが買えるとか、
ポルシェが買えたとか、何かに使って、その生活と時間を味わいたいのでしょう?


清水義久先生 2011.4 フェーズ3(五行・四神)セミナー講義録より)

【人生】不幸になる自由はいらない

a0003_001274.jpg

いままでは、皆さんが不幸になろうが、僕には関係ない。
もしもあなたが、不幸せになる人生を選択したら、私は止めない。
それもそれで自由だと思っていた。今も思ってはいる。


根本的に人は、自分で人生を決めているから。
不幸せになることも、それもまた自由かもしれない。
そう思って、放っておいた。それも自由だから。


でも今は違う。悪いけれど介入する。
放っておくことは、放っておくが、
「あなたの人生がどうなろうが、私には関係ない」
とは言わないようにする。


不幸せになる自由など、必要ありません。
それが選択であるとしたら、
あなたが不幸せになる方向を選んだのだとしたら、
君の間違いなんだ。
それは自由ではない。


いままではそういうことを熱く語ると宗教っぽくなるし、
大きなお世話だと思うからやらなかった。
だから、やっぱり伝わっていなかった部分がある。
「いろんなことを学んだ。でもダメでしたね。」
それはあなたがやっていなかっただけだと、はっきり言わせていただく。


不幸せになる自由など必要ありません。
どんな人でも、今の状況から少しでも幸せになろうと
思っていいはずだ。
そして、それは可能だと思う。


そしてもしもそれができるのだとしたら、
私たちには何が必要か、何をやるべきか、
そういう方向ではっきり話したい。


だからいままでと違う。
いつもと同じように、みなさんの人生に何があろうが、
個別に相談を受けるわけでもないし、放っておく。


けれども、このクラスでお伝えすることを、
あなたがそれを実習していただければ、
必ず幸せになっていくはずだ。


清水義久先生 2011.4 フェーズ3(五行・四神)セミナー講義録より)

【人生】日の丸モデルで考える人間の器


自分自身を立て直そうと思うとき、日の丸をモデルで意識する。

日の丸モデルとは、外側の白いところが外界、環境。
あなたの外の世界。これが白い部分。
日の丸の真っ赤な部分があなた自身のパーソナリティ。
君、あなた、私。我、セルフ。


こういうモデルで単純にいうと、今、外でつらいことが一杯あった。
震災の影響でショックを受けた。


それによって、あなた自身がへこみ始め、つらい思いを持つと小さくなってしまう。
元の世界よりも縮みだしているわけ。

日の丸モデル2.png

仕事がこない。キャンセルが相次ぐ・・
じゃあ、頑張っていこう!まだ頑張るためのエネルギーがないわけだ。


状況がそれほど安定していないし。
そうすると、いよいよ小さくなって、自分が揺らいでしまう。なくなってしまう。壊れてしまう。

日の丸モデル3.png

立て直すためには、柔らかいあなたにするのです。
赤い日の丸としてくっきりした自分を求めるのではなく、ピンク色にし。
ほんのちょっと、桜色にし、外の世界に溶け込むようなあなたを用意するのです。


僕らふうに表現すると「虚空に消え去る」という、言い方でいうのだけれど。
自分の気配を、外の世界と強調するように広げていく。薄くするのです。あなたを。


清水義久先生 2011.4 フェーズ3(五行・四神)セミナー講義録より)

【人生】困難なときは、外の世界を意識する

a0960_003578.jpg

困難な状況になったときに、前向きに生きていき、
自らを立て直していくためには、
反対のことなのですけれど、自分自身を立て直すために
世界に目を向けるのです。


そして外の世界から、きちんと、あなたを活性化する情報やエネルギーを
取り込んでいくという姿勢がまず必要だ。


疲れたら運動するほうがいいのです。そのまま寝るより。
「ああもうダメ。今日な疲れすぐ寝たーい」って、ぱたっと寝てしまったら疲労が残る。
年齢が進むにつれ、朝起きたけれどまだけだるいとか。
若いときは一晩寝るだけですっきりしたのにという状況が、
寝ても寝ても、疲れが溜まっていくようになっている。


そういうときは、むしろ、スワイショウやったり、体をひねってみたり、
ゆっくり前屈と体反らしという簡単な運動をやってから、ご褒美のように寝る。
そうすると、朝起きたとき、いままでただ寝ていた時よりも楽になっている。
おもしろいものですね。反対の効果がうまれる。


こういうときにも同じ。自分で自分を見つめ直すべきときには、
自分だけを見つめていると、詰まってしまうのです。


立て直そうと頑張ると、またそれもつらい。頑張れないんだよ。
じゃあ、何をやったらいいのか。


外に意識を振り向けて、自分自身を柔らかく、無にしていくのです。
立て直すのではない。壊すのではない。消すんだ。


清水義久先生 2011.4 フェーズ3(五行・四神)セミナー講義録より)


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11




無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。