【開運】知的美人が運気をよくする - 成功.me

HOME > 運気 > 【開運】知的美人が運気をよくする

【開運】知的美人が運気をよくする

知的美人

あなたは、不幸がやってきた時、
どんな態度を取りますか?どんな顔をしますか?

しかめっ面をして、嫌味をいうなど、
態度や言語も悪くなったりしていませんか?

そういう行為自体が、不幸を助長するだけでなく、
周りの気持ちを悪くするだけでなく、
あなた自身の気分も悪くなります。

そのような気分が悪くなる癖を持っていたら、
それは不幸を呼ぶ種になっている。

プラスの出来事はプラスのエネルギーがあり、
マイナスの出来事はマイナスのエネルギーがある。
不幸を呼ぶ種を持っていたら、不幸を呼ぶだけ。

では、どのようにすればいいのでしょうか?

まず笑い顔、笑顔を用意してください。
最初は作り笑顔でもかまいません。

不幸が来た、ネガティブな事が起こった、
それでも笑える余裕を持ってください。

次に、不幸が実際に来た時、
すぐに反応せず、背筋を伸ばし、一息つき、
反応するのに、少し間をあけます。

そして、器の大きい大人の余裕を持った人ならば、
どんな対応をするか・・それを考えながら、
知性を働かせ、適切な態度を取るのです。

そんなこと、最初からできればやっている!と
言う方もいるかもしれません。

それは本当ですか?
すぐに、ネガティブな反応をするという
癖の惰性に流されていませんか?

「笑顔を作り、間を開け、大人の対応」も癖です。

癖は、繰り返せば癖になります。
つまり、癖も変わります。

大人としての態度を整える時、
あなたは不幸の出来事に、一時停止ボタンを押せています。

マイナスはマイナスを呼びやすい。
しかし、一時ボタンを押せていれば、
次の不幸への流れをストップしていくわけなので、
結果的に、運がよくなっていくしかなくなる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

何でもない時に、ニコリと笑顔をしてもいいでしょう。
自分のよい癖が、明るい方向に自然と導いてくれます。

すると、人相もよくなり、
結果的に全ての態度が雰囲気として顔に現れる。

知性を働かせせ、頭がよくなると
小顔になります。小顔でない時、知性が鈍っている。
左右どちらか偏りがあれば、心配事などによる不健全な状態。

マッサージしても一瞬しか小顔になりません。
頭を使うのです。知性を働かせると脳に血流が沢山流れ、
側頭部などの筋肉が持ち上がり、頬のたるみが取れ、
引き締まります。

運をよくしたければ、
知的美人、を目指してください。

知性のオーラをまとったあなたは、
運がよくなる切り札を持ったのと同じなのです。

毎日何かやりたい方には、
写経や般若心経を唱えるとか、音読するなど、
言語ファイルを使った事をするとよいでしょう。

それだけで知性が活性化するわけではありませんが、
口輪筋と舌が声帯と連動して動く事により、
顔が引き締まり、知性が働く基礎ができますよ。

本格的に知性を発揮したいのなら、
見える世界だけでなく、イメージも含めた
見えない世界も活用する、この気功法がお勧めです。

(清水義久先生 セミナー講義録より)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。