仕事 - 成功.me

HOME > 仕事力 > 仕事

【悩み解決】誰かのために頑張ることの落とし穴

EQ060_L.jpg

悩み解決のためには「誰かのために頑張る」ってことの落とし穴について知っておいて欲しい。

たとえば、仕事はこなしてて、いろんなことができて、「あの人、頑張ってるよねー、きれいな嫁さん貰って」と言われるような人。

本人は頑張った頑張った!

でも、「お父さん、離婚して」って突然言われてしまったりする。

「この日を指折り数えてたわ。あなたは仕事ばっかり。もううんざり。」

こういわれたら「仕事が好きでやっているわけではなくて、お前たちの幸せのために一生懸命やっていたのにーッ!」って泣くしかなくなる。

「やるべきこと」ばかりをやって、できなかったときには自己評価が低くなり、そしてまわりからも評価が低くなってしまう。

こうなってしまう人は、ウツになったり、ガンになったりするという可能性も高まってしまうんだ。


(清水義久先生 願望実現セミナーより)

【仕事力】あなたがブレイクスルーする方法

shigto.jpg

わかりやすいので、
あなたが会社の社長だとしてお話ししましょう。

売上を上げたい・・・
会社のステージを上げたい・・・
会社の規模を拡大したい・・・

など、このような会社の業績は何で決まるのか?

→それは「社長の意識」で決まります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

信じられない方もいるかもしれませんが、
成功法則やコンサルティングの世界では常識。

全て、社長一人の意識で決まるのです。

逆にいえば、
「今、この業界で業績を上げるのは難しい」等と
ブレーキをかけるのも、社長の意識1つで決まります。

だからこそ、世にある自己啓発や成功法則では、
このような話が続きます。

・社長の器を大きくしよう
・ブレーキをかける意識を外そう
・大きく成功した会社を視察にいこう

この話を、我々が扱っている
波動の世界である「気の法則」に置き換えてみましょう。

①会社は社長一人で決まる。
②ブレーキをかけるのも社長一人で決まる。

我々の気の世界もこの2つはその通りと考えます。
なぜなら・・・

①気は、上位構造は下部構造を
コントロールしているピラミッド構造である。

②気は、同種符号は引き寄せあう。
プラスはプラスを呼び、マイナスはマイナスを呼ぶ。

③以上①②より、
会社トップである社長の意識で会社が良くも悪くも変わる。

気の法則(①②)を使えば、
三段論法で、カンタンに出る答え(③)だからです。

社長が大きい夢と受け取る大きな器を持ち、
加えて、社員を動かす力や、
実行できる知識や能力を持っていれば、

それが、プラスの原動力となり、
会社にプラスの事象を引き起こします。

逆に、「不況のせいだ、顧客の購買意欲がないから」と、
社長の努力がゼロになっても構わないような
危機感のない言い訳をし、ネガティビティを持ち妨害すると、
社員もやる気をなくし、マイナスの原動力となり会社全体はダメになる。

「気の法則」と聞くと怪しげな気がするかもしれないが、
こう聞けば、身近で納得いく実感が出るのではないでしょうか?

加えて、ここでお伝えしたいのは、
如何にして「社長の意識」をブレイクスルーするかということ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
社長の意識がプラスなのか、マイナスなのかは、
非常に重要で、そのために考え方を変える事が必要課題。

しかし、考え方を変えるのに「大きく成功した会社を視察」のような
現実のモデルをぶつけるだけでは、ほとんどの場合うまくいきません。

ブレイクスルーするためには、現実のモデルではなく、
理論(セオリー)自体のモデルが必要です。

このセオリーモデルが、社長の頭の中に入る事で、
社長自身の器がや考え方の枠組みの拡大が生まれ、
そこでようやく、現実のモデルが使えるようになる。

天才や、成功した経営者たちは、
セオリーモデルを自然と持ってているが故に、
あらゆることを吸収し、学び以上の飛躍をしているのです。

我々の気の技術の世界では、
気の技術自体が、このセオリーモデルです。

気の技術は、目に見える肉体から、目に見えない気まで、
日常の認識レベルより、幅の広い世界で活用できます。

我々は、気の技術を使って、
気の法則を学び納得いくように使っていくため、
自然と、頭の中に新しいセオリーモデルが出来上がる。

そして、そのセオリーモデルを使うことで、
実際の自分の会社やビジネスに活用できる。

目先が利く人ならここまで聞いてピンとくる方も多いでしょう。
今回はわかりやすいように、あなた=社長として書きましたが、

言い変えれば、「あなたが願望実現する方法」
「あなたが成功する方法」「あなたが新しい事を学ぶ方法」など、
成功・成長するどんな事にも置き換えが可能です。

気の法則、波動の技術というとまだまだ怪しい感じがするようですが、
先日、実際に、講座を聞いた東京理科大卒の理系の方から、
このような言葉をもらいました。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴

正直、この気の技術を知っている事は、
得があっても、損はないですよね。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴

バリバリの理系の人からもそういわれる、
この気の技術。これを使えばブレイクスルーも難しくありません。

清水義久先生のセミナー講義録より)

【仕事力】優先順位を知ることの意義

EQ122_L.jpg


物事の優先順位を知ることは、仕事力の向上につながるんだ。

人それぞれに、スタート地点は違うのはしょうがない。

才能のある人、才能がなくて努力をいっぱいしなければいけない人はいる。

でも、必要なことの優先順位を知り、そのことを1番から順番に片付けていく。

やり残してもいいから、毎日、やるべきことを知り、毎日チャレンジする。

すると、いきなり降って沸いた仕事があっても、自分の元のリストの優先順位と比べて、何番目に入れられるかを知っていると、同じ時間だけ労働してもクオリティが違ってくるんだ。

「常に自分は今日やるべき重要なことがら順番にやっている」

「夕方仕事が終わったら、やるべきことをこなしている~!」

というやり遂げたやりがいと、自信と、人生の意味を、自らつくっていくことができるんだ。

お茶汲み、コピー取り、ゴミだしだって、お弁当の買い出しでも、それは同じなんだ。

だんだん「自分にとって重要なこと」が見えてくる。

このことが仕事力の向上につながっていくんだ。


(清水義久先生 願望実現セミナーより)

【能力開発】能力開発とくつろぐこと

EQ188_L.jpg

僕はトップアスリートの人たちの能力開発に携わることがあるんだ。

彼らの生活は、たとえば1日24時間のうち、3時間睡眠、ご飯には1時間、残り20時間ずっと練習に明け暮れていますっていう人もいるんだ。

中国の誰それはオレより練習している、ロシアの何々だっている、だから休んでいられない!

そして、彼らに負けたときに、僕に質問するんだ。

「どうしたらいいんですか?」

私は答えるんだ。

「休んだらどうですか?」

アスリートたちがやってきたのとは、反対の能力開発。

「それは、どういうことですか?」と食いついてきたときに、「気というものがあるんだけどね」と僕の世界に引っ張り込む。

くつろいで、くつろいで、その範囲で集中力を高める方法があるんだってことを、彼らに伝えることが私の仕事なんだ。


(「できる人の気功術」セミナーより)

【仕事運】仕事運を上げるには?

あなたが暮らしている「場」にも、良い働きをする場と、悪い働きをする場がある。

良い働きをする場は「イヤシロチ」、悪い働きをする場には「ケガレチ」という名前があるんだ。

もしも、あなたが住んでいる場所、眠る寝室、またあなたが仕事をする場が、「イヤシロチ」のようなプラスのエネルギーがたくさんある状態であるなら、その中で生活しているあなた自身は、プラスの方向に変化をしてしまう。

仕事運が向上するというのは、そういうことなんだ。

私のセミナーでは、まずあなた自身が、自ら発するエネルギーによって、プラスの状態に変わるという方法をお伝えしている。

さらに、あなたの手から出せるようになったエネルギーを、あなたの身近なものや、あなたの暮らす空間に封入することで、あなた自身が変化していく、という方法を体得してほしいんだ。

そうすると、仕事運が向上して、あなたはリーダーシップを発揮でき、願望実現をしていくことができるだろう。

(「できる人の気功術」セミナーより)


1  2




無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。