【リーダーシップ】リーダーは先に幸せの船(器)を用意する - 成功.me

HOME > 仕事力 > リーダーシップ > 【リーダーシップ】リーダーは先に幸せの船(器)を用意する

【リーダーシップ】リーダーは先に幸せの船(器)を用意する

a1180_005816.jpg


最初に必要なのは、「私って幸せ」という船。
それがないと、お金だろうと、恋人だろうと、
ビジネスサクセス、あなたの願いが叶うこと、健康、
あらゆる「舟盛りの具」を乗せることができない。


反対にやっていなかったですか?
仕事の成功があるから幸せ、家庭があるから幸せ、
何かがあるから幸せだと思っていなかったですか?


例えばあなたが名誉をもっとも重んじでいたとする。
名誉があるから、地位があるから幸せだと思うと、
このサンプルの中のこんなちっちゃい幸せになっちゃう。


集合より要素は小さい。集合より必ず各要素は小さいんだ。集合論。
お金を追求していき、その中の幸せといったら、
お金を得たという集合の要素に過ぎないから、
あなたの幸せはこんなちっちゃくなっちゃうわけ。


恋人と仲良くなって、その中の幸せというと、
恋人との関係性の中で生まれた幸せだから、
恋人との事象より小さい。それぞれが全部そうなんだ。


そうすると何が生まれるのかというと、
「ようやく念願のこのビジネス成功しましたー!」って、
一瞬はうれしいけれども、よくよく考えてみると、
「思ったほど、楽しくない・・なあ・・」となっちゃうわけよ。


つまり、最初夢見ていた事象が得られたとき、
そこからフォーカスして、小さくなってしまうから。


つまり、器が小さくなる。
器が小さいと、その小さい事象に入る情報だけしか
味わえないから、結果として情報処理が小さくなる。
セコクなる。少なくなる。


だから、味わい方もセコクなる。精一杯になってしまうんだ。
ポイントは器を広げること。最初から幸せを求めるんだ。


そしてあなたの健康も、人間関係が良くなることも、
名誉も、地位も、財産も、あらゆる夢が叶うことも、
あなたの幸せという船の内側に育てられるような
大きな幸せの船を用意すべきなんだ。大きな幸せの船を。


そしてこれが、実は人間の器そのものだ。
あなたという人間のキャパが大きくなればなるだけ、
そこにはたくさんの幸せが具となって乗り込める。


そしてさらに、あなたの幸せのその隙間に、他の人の夢も乗り込めるんだ。
そしたらそれは、最初求めていた新たな時代のリーダーと一緒だ。
つまり、これからのリーダーというのは、自らの心の内側に、
幸せを持っている人のことなのだよ。ここでいう幸せは、客観的ではない。


年商100億円の企業のトップからみたら、
年商1億円の会社の社長なんてまだ駆け出しで、
経営者ですらないかもしれない。
一発の当たり屋だったら一億円ぐらいすぐなる。商売の駆け出しだ。


じゃあ、その人は幸せじゃないのか?そうじゃない。
客観的指標なんかないんだ。


他の人からみたら、この人はまだ貧乏で、苦労もいっぱいあり、
「俺はこの人と代わりたくないな」と思うほど、
あなたからみたらダメ人間に見えても、その人が精一杯頑張り、


一生懸命やり、心の中に夢と希望があり、
「俺は幸せだなあ」と思って、
朝から晩まで馬車馬のように働いていたら、それは、リーダーだ。

 
清水義久先生 2011.4 フェーズ3(五行・四神)セミナー講義録より)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。