【願望実現法】気と願望達成のスケジュール管理 - 成功.me

HOME > 願望実現 > 【願望実現法】気と願望達成のスケジュール管理

【願望実現法】気と願望達成のスケジュール管理

成功法則ではよく、「○年○月○日に達成する」と達成日を書いた方がいいといいます。
本当に、成功するためには、達成期日を書いたほうがいいのでしょうか?

願望には、2種類あることをお伝えしました。
夢を描いて生きている『天の利』が働く願望には、タイムスケジュールの感覚がありません。逆に、現世で、目標に向かって『地の利』が働く願望はタイムスケジュールの感覚が強くあります。

『地の利』は、スケジュール管理した願望にガツンと強いエネルギーを送ってくれています。

はっきり言えばと、いつまでに達成しなければならないという想定できるタイプの願望には、達成期日を入れたほうがいいです。『地の利』からエネルギーが働きやすくなります。逆に、『天の利』からのエネルギーが働きやすくするために、「いつかミュージシャンになるぞ!」という期日が決まっていない願望には、達成期日を入れない方がいいでしょう。

そのため、一概に「願望実現には達成日を書く」とは言えません。すべてケースバイケースに、あなたの願望の種類によって判断が必要です。

通常、ビジネスマンのような、自分の仕事をうまく生かそうという人たちは、タイムスケジュールがある願望が多いでしょう。そういう方々に、夢や希望を描いてみましょうと、ほんわりとした幸せな話をすると、「寝ぼけたことをいうな!」と思われてしまうかもしれません。それは、よくわかります。

しかし、夢や希望を描くことで、人は生きがいを作り、明日への明るい希望のプラスのエネルギーを作り出すことができます。願望実現するためには、プラスのエネルギーが必要です。

そのプラスのエネルギーは、目標達成するために頑張って作り出すエネルギーでなくてもかまいません。あなたがどんな形で作り出したプラスのエネルギーでも活用できるのです。

それであれば、現実の自分ができないと思っているような突拍子もない事、例えば「カリブ海の別荘を持つ」「ヨーロッパの社交界デビューをする」「億万長者になって映画を作る」などを夢みて幸せ気分に浸りながら、プラスのエネルギーを作り出すのもいい手ではないでしょうか。

ただし、その夢や希望をほんわか思い描く・・・つまり、単なる幸せボケをしていては、願望は叶いません。そこで生み出したプラスのエネルギーを、タイムスケジュールが決まっている現実路線の目標達成のためのエネルギーにシフトしていく必要があります。そのためには、達成期日のある願望の設定も必要です。毎回いうように、願望の種類には、バランスが必要なのです。

あなたの願望はバランスがとれていますか?確認してみてはいかがでしょう。

実際に、1日体験セミナーでは、プラスのエネルギーを作り出し、願望実現や目標達成に使っていく方法と能力をお伝えしています。詳しくは、以下をご覧ください。



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。