【願望実現法】気と願望によるストレスと解決法 - 成功.me

HOME > 願望実現 > 【願望実現法】気と願望によるストレスと解決法

【願望実現法】気と願望によるストレスと解決法

願望には、2種類あることをお伝えしました。

夢を描いて生きている『天の利』が働く願望と、現世で、目標に向かってタイムスケジュール管理している『地の利』が働く願望では、ストレスの種類も違います。

夢を描いて生きている人は、実力がないとか、タイニングが悪いとか、社会が評価してくれないなど、「できない私=ダメな私」というのがストレスになっています。言い換えると、遠くを見ながら、そこにたどり着けないストレス。やるべきことがわからない、自分に力があるかどうかわからないということで苦しんでいます。

逆に、タイムスケジュール管理している人は、やるべきことがある、しかし手がつけられないという苦しみ。できないことに苦しんでいうよりは、やらなかったこと、やれなかったことに苦しんでいる。この場合は、できることと、できないことがわかっているがゆえに、本来であればできることができない・・それがストレスになっているのです。

どちらのストレスが大きいかというと、夢が叶わないことよりも、やるべきことができないこと。才能がなく、自信をなくすストレスよりも、誰でもできる仕事ができないストレスのほうがダメージが大きいのです。

どちらも、越えられない壁を越えたいという願望には違いはありませんが、願望の種類やそのストレスの種類を見分け問題点を見つけると、解決法も自然と見えてきます。

『天の利』が働くためには、空に昇っていくためにポジティブな要素を増やし、
『地の利』が働くためには、ネガティブが多いため、ネガティブを減らすという方法論になります。

気エネルギーは、プラスを増やし、マイナスを減らすという2つの方法がありますが、問題点を見つけるとエネルギーを操作する時の目標が少し変わってきます。必要に応じて、プラスのエネルギーを増やし、マイナスのエネルギーを減らし、そして、最終的にはバランスを取ることが大事です。

必ず、最初は偏っています。バランスが取れていることはありません。そのためには、まず分類をして、現状を知ることが大事です。

願望を実現したいという気持ちがあっても、その働くエネルギーがどちらなのかを見極める必要があります。

実際に、1日体験セミナーでは、プラスのエネルギーを増やし、マイナスのエネルギーを減らす方法と能力をお伝えしています。詳しくは、以下をご覧ください。



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。