【願望実現】願望実現の「夢」「義務」の分け方 - 成功.me

HOME > 願望実現 > 【願望実現】願望実現の「夢」「義務」の分け方

【願望実現】願望実現の「夢」「義務」の分け方

願望実現を考えるときに「具体的な達成目標」「頑張ったらなんとかなるようなこと」っていうのは、全て義務と思っていいんだ。

それは、目標が明確になったということだから。

でも不可能を可能にしたいようなときには、そのやり方を捨てないといけないんだ。

死に至る病で床に臥せっている人を救うには、このやり方ではできない。

たとえば「1年後、売上目標いくら!」「3年後、1億円!」と考えたとき、強く念ずれば念ずるほど、「明日にはかなわない」ということを、言ってしまっているんだ。

願望実現、「夢」というのは、明日かなってもかまわない。

たとえば、世界中の大富豪があなたのことを認め「出資してやるよ」ということが、あした起こるかもしれない。

夢は、結果だけを思うようにするのがいいんだ。

(「できる人の気功術」セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。