【パワーストーン】漫画「アダマス」で学ぶ石の力 - 成功.me

HOME > セミナー便り > パワーストーン > 【パワーストーン】漫画「アダマス」で学ぶ石の力

【パワーストーン】漫画「アダマス」で学ぶ石の力

stone.jpg

1日セミナーでは、ワークに使うため、
2種類のパワーストーンをお渡ししています。

その水晶とアズライトのパワーストーンは、
アズライトがすべてのマイナスを消し、
水晶はそのエネルギーを増幅してくれる働きをする。

水晶の特徴は入ったエネルギーを倍以上に増やすこと。
しかし、プラスだろうがマイナスだろうが、
どちらも変わらず増やしてくれる。

だから、水晶は購入した際に浄化が必要だよ。
手から出る気エネルギーの伝授を受けている方は、
この能力で出来る。エネルギーボールを入れるだけだ。

でも1日セミナーでお渡ししている水晶は、
私がエネルギー調整しているので、
浄化の必要ありませんので、ご安心下さい。

対して、アズライトは他の石と違い、自分自身で浄化してしまう。
だから、どこで買ったものであっても、浄化は必要ない。

アズライトの特徴は人間の持っているマイナスを消すこと。
だから、自分が持っていないと効果が出にくい。
携帯用の石だね。持つと、持っている人に対して波動が影響する。

お渡ししたこのパワーストーンは、
あなたの人生を守り育てるくらいの力を持っている。そして一生汚れません。

最近、特に石にはまっています。
大昔は、力を借りるために使っていた。
そして、その借りる必要がなくなり持たなくなった。


そして、最近、また石の力が面白くなっている。
オーラが見え、エネルギーを感じる今、
やはり使えるのかという衝撃を受ける。

イメージしやすい題材として、こんな漫画はいかがだろうか?
「ADAMAS(アダマス)」皆川亮二著

宝石使い・樹あるマスターの漫画で、ある女の子が主人公。
自分が共振できる1個の宝石とつながっていると、近くになる宝石と共振したり、
その石に応じた超能力が使えるという設定。

見えるまではトンデモナイ世界のように思うかもしれないが、
オーラ視が出来たり、エネルギーがわかってくると、
あながち外れていないかもしれないと感じるだろう。

石や宝石たちは、大切にしている人と大切にしていない人への反応が違う。
嫌いな人には知らんぷり。好きな相手には近くにいるだけで力を発揮する。
こちらの意識で行わなくても、石が勝手に反応する。

そして、石を使ってエネルギーを伝搬することが出来る。
ここに出した50のエネルギーは、石や宝石たちが、
そのエネルギーに共振し「そうだね、そうだね」と近所にいる
仲間たちとパスし合いながらエネルギーを増やしてくれる。
気がついたら、「あれ?100になっている」という感じだ。

世界の大金持ちたちが、宝石を大切にするのは、
そういう事を感覚的に感じ取っているからだろう。

(清水義久先生 セミナー講義録より)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。