【人類の進化】春分は特別な日!?「ミレニアム」という考え方 - 成功.me

HOME > セミナー便り > できる人の気功術セミナー > 【人類の進化】春分は特別な日!?「ミレニアム」という考え方

【人類の進化】春分は特別な日!?「ミレニアム」という考え方

ミレニアム.jpg

少し前に、スウェーデン ストックホルムを舞台にした、
「ドラゴン・タトゥーの女」という映画がやってたね。
賛否両論のある作品だが、英国アカデミー賞外国語作品賞を
受賞して、ハリウッドでも映画になって、続編があるとかないとか。
原作は「ミレニアム」作品内の出版社名が取られている。


それとは全然関係ない話だけど「ミレニアム」つながりで・・・
"ミレニアム(=1000年)"とう考え方があります。


これもまた、面白い考え方の一つで、
数千年前の古代の人たちは、我々よりも天文学を知っていた。


季節の数え方は、元旦の1月1日からと、
太陰太陽暦の、2月の節分から、そしてもう1つ、
春夏秋冬の春の日、春分から始まる考え方がある、
だから春分の日は特別な日だ。面白いと思いませんか?


イギリスやスコットランドの巨石信仰(ストーンヘンジ)の
内側52~55個の石と石の間の中心点を結ぶと、
春夏秋冬のちょうどど真ん中の光が届くよう設計されている。


つまり、あれは、今日から春が始まるということを
正確に測定する測定器だった。


その目的は、宗教かもしれませんし、
農耕ですから麦やコメを蒔くなどの実用的なことかもしれません。
純粋な祈りや祭りなどの儀礼なのかは、詳しくわかりません。


でも物体として、そこに何千年も前から備え付けられており、
次の日になったらずれてしまうほど厳密に作られている。


エジプトピラミッド、あれも実は今日春分の日に、
王室のど真ん中に太陽の光差し込む通路が出来ている。


そして、現在西暦2000年とは、1000年×2であり、
24000年を12分割した、2000年を1メモリとする
天体上の切り替わりのタイミング。


加えて、十二支の12年のエネルギーも入った
今年、2012年。


今年1年、大統領選・首相選が
アメリカ、ロシア、中国、フランス、インド、
北朝鮮、韓国、台湾、その他もろもろあるのは、
偶然ではない。


この先2000年の覇者になるためのみな狙ってきている。
この年に覇者になったものが、次の2000年間の覇者。


この1年は人類史上でも面白い1年になることが
予め決まっていると思ってもいいでしょう。


そして、今日20日の春分の日が初めの日。
この日を起点として今年1年の準備を始めます。


結論から先に言います。
人生において、整えるべき4つの事柄をお伝えします。

1、元気
2、心
3、豊かさ
4、幸せ


あなた自身、自分を振り返ってこの4つがどうですか?
すべてありますか?足らないものがありませんか?


最初から人生はこの4つを整えることが課題とわかれば、
あなたのセンスが磨かれる。努力の方向性を知識として知る。


センスとは、「気」
近代人の我々にとってはオカルティズム的な考え方のように
思われるかもしれないが、もっと長いスパンでみれば
めんめんと伝えられてきた情報かもしれない。


ここ数百年で忘れてきた不思議な智恵であり力。
すいうものに思いをはせ、実際に役立ててください。


今日の太陽からエネルギーを感謝と共に頂くのもいいでしょう。
外を散歩して、空を見たり清々しい空気を吸い、
自然を感じるのもいいでしょう。


何か始めようと思っていた事を、やり始めるのもいいでしょう。
今まで学んだ事の中から、何かを今日から始め、
この4つを整えていってはいかがでしょうか。


そして4つを整え、エネルギーが満ち溢れ
あなたは幸せを感じれるようになる。
そして共感力で幸せを自然と伝搬していくだろう。


(2012.3.20 清水義久先生のできる人の気功術セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。