願望実現セミナー - 成功.me

HOME > セミナー便り > 願望実現セミナー

【成功法則】本気で生きる練習

EQ082_L.jpg

成功法則の第一歩として「本気で生きることを、1ヶ月、あるいは1週間でもいいから練習して欲しい」ということを、僕は提案している。

全力疾走をしろという意味ではなく「意味のある生き方」をしてみよう、という提案なんだ。

自分自身を仕切りなおして、生活を変えるというわけではないけれど「心構えと、生き方をかえよう」ということなんだ。

そうすることで、あなたの人生がどう変わっていくかを見て欲しい。

「もし、あなたの人生があと1週間で終わるとしたら、何をしたいですか?」

とセミナーで聞いても、お書きになれないという人が、けっこういる。

でも、人生の終わりの1週間でやりたいと思えることって、あなたにとって一番重要なことだと思うんだ。

残り1週間でなにをするかがわからない人生よりも、わかっている人生を、皆さんに歩んでいただきたいと、僕は思う。

(清水義久先生 願望実現セミナーより)

【願望実現法】文字から気が出る

講座では「浄霊表」という紙を使って、あなたの現在の状況を確認します。

jyoureihyou.jpg

この紙を触って、あなたの肉体の状態だけでなく、見えない世界の状態、
例えば、オーラや魂、前世や因縁などを確認していきます。


具体的には、A4の白い紙に印刷されている「浄霊表」の所定の部分にあなたの名前を書き、
名前の一番上の文字を触り、触った時点での筋力が強くなるか弱くなるかを測って、
よい状態か悪い状態かをみていきます。よい状態であれば、筋力が強くなりますし、
悪い状態であれば、筋力が弱くなります。


紙に書いてあるフォーマットは、場合により書き手の気が転写されてしまうため、
手書きよりもプリントアウトしたもののほうがいいでしょう。
もしくは、本人にすべて書いてもらってもいいでしょう。


浄霊表に書いてある文字は、時間と空間を越えてしまいます。
今書いた文字を10年後に見た時、書いたのが10年前なのですから、10年前の波動が出ているはずなのに、
今この瞬間、今日この時点の波動が出ています。


気がわかるようになると、気持ちが悪いことがたまにあります。
TVなどで殺人犯の小学校の文集などを紹介されていて、
それを見たとたんTV画面から殺人者の気が出ているのを感じる。
今殺人者でも、小学校の頃そんな運命は決まっていなかったはずなのにだ。


逆に、素晴らしい気を感じることもあります。
弘法大師空海さんの書かれた書は沢山残っているので、
機会があったら見たらいいでしょう。
彼は、後世に残るとわかりながら、成果を書物を残したのだろうと感じます。
気がわかるようになった人にはわかるでしょう。悟りを開いた状態で書いた文字は、
私たちがエネルギーボールを入れるように、波動が封入されている。
人はここまで来れるのだと、感動する。


最初の間は、紙の文字を見て、筋力が強くなるか弱くなるかで確認していたものが、
訓練を積めば積むほどわかるようになってきますよ。今は、周りとの差を感じないほど、
あなたの気の量は少ないかもしれない。
しかし、あなたの気の量が充実してくるほど、差がわかりやすくなってきます。


この手順を踏まえて、紙に願望を書くと叶いやすくなると成功法則でよく言いますが、
書いた願望を触ってみれば、叶いやすいのか、叶いにくいのかわかりますよ。

(2011.5.3 清水義久先生 願望実現セミナーより)

【願望実現法】願望を叶える紙のフォーマット

講座では「浄霊表」という紙を使って、あなたの現在の状況を確認します。

jyoureihyou.jpg

この紙を触って、あなたの肉体の状態だけでなく、見えない世界の状態、例えば、オーラや魂、前世や因縁などを確認していきます。

具体的には、A4の白い紙に印刷されている「浄霊表」の所定の部分にあなたの名前を書き、名前の一番上の文字を触り、触った時点での筋力が強くなるか弱くなるかを測って、よい状態か悪い状態かをみていきます。よい状態であれば、筋力が強くなりますし、悪い状態であれば、筋力が弱くなります。

この方法は、講座で配布した紙限定ではなく、フォーマットが同じであれば、別の紙でも構いません。白い紙のほうがいいでしょう。また他に文字があったり、罫線があったりすると影響を受けやすいので、白紙が一番ベストです。

日本のA4サイズの紙は、まさに白魔法の儀式や護符に使うのにぴったりのサイズです。魔法が効きやすいということは、紙に書いたら願望が叶いやすいということです。

(2011.5.3 清水義久先生 願望実現セミナーより)

【成功法則】最優先事項に取り組む

EQ119_L.jpg


成功法則で大事なことは「やるべきことの優先順位をつけて、それを1つ1つ確実にこなしていく」っていうこと。

これをやることで、僕たちには確実に自信が生まれる。

で、自信が生まれたっていうことに「ご褒美」を与えることも、コツなんだ。

やるべきことを1つこなしたときに「ヤッター!」って、きちんと自分で喜ぶ。

「やりとげた」ってことを、味わってください。

コピーが1つわっても、朝のゴミ出し終わっても、それはあなたが決めたことなんです。

今日から、人生を幸せに導く儀式の始まり。

まず「やるべきこと」として、1番上の項目に選んだ最優先課題は必ず挑戦すること、そしてやり遂げたら「喜ぶ」ってこと。

一つ一つのステップスは大したことはないが、これを遂げたら超能力者なんですよ。


(清水義久先生 願望実現セミナーより)

【願望実現】誰かに「叶えてもらう」場ではない

EQ129_L.jpg


僕の願望実現セミナーに来てもらう人の中で「願い事が全くない」と言う人がいる。

10分、15分経っても「願い事を何1つ書けない」って言う人がいるんだ。

ただ、僕のセミナーは「おすがり」のコースとは違うし、現実逃避の場でもない。

誰かに、たとえば私や、神様にご利益をいただいて、苦悩を取り除き、幸せになることを要求する場ではないんだ。

そのかわり、メソッドを差し上げる。

自分の力で、どんな願いを叶えていきたいという、具体的な方法を持って帰っていただきたい。
さらにそれを実現するパワーを差し上げるのが、僕のセミナーなんだ。

「神様に願望を叶えてもらってよかった!」

でも、あなたはそのとき幸せだろうか?

何処かの誰かが自動的に、夢をかなえてくれたとしたら、嬉しいかもしれないけれど、あなたは変わらないと思う。

その前も、その後も。

夢が叶うというのはもっと素敵なことだと思う。

そのことが実現できた前と後で、あなたは変わる。

もっと豊かで、もっと幸せな状態にあなたは変わるべきだと思うんだ。

(清水義久先生 願望実現セミナーより)


1  2  3  4  5  6  7  8  9




無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。