【易の卦】「地山謙」は「献上の徳」とは? - 成功.me

HOME > セミナー便り > 周易・断易(五行易)(フェーズ4) > 【易の卦】「地山謙」は「献上の徳」とは?

【易の卦】「地山謙」は「献上の徳」とは?

hawk.jpg

▼地山謙(ちさんけん)

謙亨 君子有終
彖曰 謙亨 天道下儕時光明 地道卑而上行
天道虧盈而益謙 地道變盈流謙 鬼神害盈而福謙
人道惡盈而好謙 謙尊而光 卑而不可踰 君子之終也
象曰 地中有山謙 君子以衰多益寡 称物平施

謙は亨る 君子は終りあり
彖に曰く、謙は亨る 天道下済して光明なり
地道卑くして上り行く 天道は盈てるを虧いて謙に益し、
地道は盈輝を変じて謙に流き、鬼神は盈てるを害して謙に福いし、
人道は盈てるを悪んで謙を好む 謙は尊くして光り、
卑けれども踰ゆべからず 君子の終りなり
象に曰く、地中にあるは謙なり 君子以て多きを衰し寡きを益し、
物に称って施しを平しくす

===============================

今までの卦は空の物語でしたが、
これから地面の物語になっていきます。


地山謙とは山と大地ですが、
上下がひっくり返っています。


地の上にあるべき山が下にあり、地が上にあります。
つまり、これは頭を下げているということです。


「能ある鷹は爪を隠す」のことわざように、
本来素晴らしいものであるはずの山を誇ればいいのに、
頭を下げて地山謙になっているということです。


献上の徳です。地山謙は動かない山のことを意味します。


(2012.4.21.清水義久先生 周易と易の神秘(フェーズ4)セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。