【易の卦】「風天小畜」は第五爻が最も運が良い卦とは? - 成功.me

HOME > セミナー便り > 周易・断易(五行易)(フェーズ4) > 【易の卦】「風天小畜」は第五爻が最も運が良い卦とは?

【易の卦】「風天小畜」は第五爻が最も運が良い卦とは?

sky5.jpg

▼風天小畜(ふうてんしょうちく)


小畜、亨 密雲上雨 自我西郊
彖曰 小畜 柔得位而上下應也 曰小畜 健而巽
剛中而志行 乃亨 密雲不雨 尚住也
自我西郊 施末行也
象曰 風行天上小畜 君子以懿文德


小畜は、亨る 密雲あれど雨ふらず わが西郊よりす
彖に曰く、小畜は、柔位を得て上下これに応ずるを、小畜と曰う
健にして巽、剛中にして志し行わる すなわち亨る
密雲にして雨ふらざるは、なお住くなり。
わが西郊よりするは、施しいまだ行われざるなり
象に曰く、風天上に行くは小畜なり
君子以て文徳を懿くす

================================

風天小畜とは、高層雲の上のほうで、
風がフワーっと吹いている勢いのことです。


つまり、私の地面までは降りてこないということです。
空高く風が吹いており、
下まで降りてこられない風だということです。


卦辞の意味は
今は止められているけど、後で降っていくということです。


小畜というのは全体的に言うと、森の小道です。
周りが見えませんということでしょう。


初九は爻辞の最後に吉なりと書いてあります。
本来、この爻辞を見て頂いたらわかると思いますが、
天の意なんですよね。


つまり、帰っていき、空に昇っていくのがいい、
もう一度再検討しましょうというニュアンスです。


つまり、復習することが吉につながっていくので、
そのまま進めという事ではありません。


風天は空の風ということですから、
そこに帰っていくことが道である。
戻るべきところに戻るとよろしいということです。


つまり、もう一度考え直してください。
そうしたら吉になります。それは罪にはなりませんということ。


九二の意味は、途中で止まってしまうということです。
帰ろうとするのが止まってしまうというニュアンスです。
妨害があるけど、行けるというニュアンスでもあります。


九三の意味は強引すぎるのも、自信過剰もダメということです。
行こうと思っても、止まってしまい進められないということです。


夫婦ということは、普段一緒にいて仲良く過ごすべきものでしょう。
その夫婦が反目というのは、目をそばんだり、睨み合ったりすること
ですから、ペアになる・共調する仲間が反対したり、
「間違っているよ」と文句をいうニュアンスです。


自信過剰になりすぎていることで、
ダメになっていくということです。


六四の意味は誠意をもって、あたりましょうということです。
誠意を持つことによって、逃れていくことができますということです。


九三は自意識過剰でしたが、
六四は頭を下げて対応していきましょうとなります。


九五の意味は一人では豊かにはならない。
協力者を求め、人と力を合わせたらいいよということです。
ともに助け合い、自分だけ豊かになろうとせず、
仲間や隣人も共に豊かにしようということです。


九五は小畜の中で一番いい卦ですね。
初九や第二爻では爻辞の最後に吉なりとありますが、
第五爻である九五には出てきていません。


でも、周りと一緒に富んでいこうということなので、
小畜の中では、この卦が最も運がいいです。


上九の意味は現状が最高だということです。
進んだらもうダメになるので、そのままでいなさいということですね。


(2012.4.21.清水義久先生 周易と易の神秘(フェーズ4)セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。