【断易・周易】 高島嘉右衛門とは - 成功.me

HOME > セミナー便り > 周易・断易(五行易)(フェーズ4) > 【断易・周易】 高島嘉右衛門とは

【断易・周易】 高島嘉右衛門とは

易8

高島嘉右衛門という人は「横浜を彼が一人でつくった」と言ってもいい人なんだ。

初めは誰も済んでいなかったところを、一人で開墾した。

横浜の港をつくり、貿易を始め、外交官を呼び込み、政府を抱き込んで洋風建築、ガス灯、鉄道、学校、横浜全体をつくった

あとになって、東急、西武が同じような手法でやったけれど、スケールが違う。

高島嘉右衛門。

今の高島断易というのは、まったく赤の他人なので注意してほしい。

さて、伊藤博文のバックボーンがあって、日露戦争、ロシアに勝つことを占った。

百発百中だったそうだ。

鉄道つくる金がない、日本で作れないなら、私が出しましょうと。

国鉄は彼個人で作った。

日本で始めてガス灯をともしたのも、洋風ホテルも彼がはじめてなんだ。

そして三井財閥も、岩崎弥太郎が買取り、財閥にしたんだけれど、表舞台に立ったのは渋沢栄一だった。

企業化していったのは高島嘉右衛門。

このときは、易の本だけでやっていたと言われている。

清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。