【断易・周易】茶道と周易 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 周易・断易(五行易)(フェーズ4) > 【断易・周易】茶道と周易

【断易・周易】茶道と周易

お茶.jpg

茶道と周易の関係を書いてある本がたくさんある。

茶室、道具、儀式、これらは周易を基本に作られている。

つまり、茶を立てるだけで、本者是正念になるようになっている。

炭の起き方、座る場所、お手前の作法。

お手前やれるようになっただけで本者是正念。

お茶を本気でやって、自分が宇宙と共振する儀式と思ってお茶を勉強すると、
困ったとき、イメージでお手前をたてると、治っていくことになる。

お茶を立てても治っていないとすれば、お茶の先生の資格はない。

お茶を飲むだけで、清らかな心になり、運命が変わっているはず。

岡倉天心「茶の本」は、数百円で買える薄い本だ。

お茶とは、道教の仮の姿であると書いてある。

気功の本筋だ、道教は。

そういうしびれるフレーズがでてくる。

僕は、丸暗記してしまおうというくらい読んだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。