【断易・周易】 気を放つとき - 成功.me

HOME > セミナー便り > 周易・断易(五行易)(フェーズ4) > 【断易・周易】 気を放つとき

【断易・周易】 気を放つとき

瞑想.jpg

僕の周易教室に参加してくれるみなさんが
「気を使って、何かをやろうとしても、うまくいかない」という。

僕からみたら、君はまだ使っていないだろう?

エネルギーを出していないという意識がある。

いろんなことを考えてやっているから、本当の意味で使ってない。

剣の居合で、師匠と同じ剣を持ってできなかったら、剣がおかしいといえるか?

君の切り方が悪いからとなるだろう。

あなたが持っているのは日本刀。

触れるだけで切れる。

むしろ、切り落とせないというのが難しい。

触れただけで切れるのに。

まずひとつ。精神の集中をするということ。

コンセントレーションを高めると勘違いするかもしれないけれど、
その前にひとつ。

「忘れる」

メディテーションというおしゃれな言葉にしてしまうからわからなくなる。

「瞑想」

目をとじる、思う。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。