【断易・周易】易経の1番と64番 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 周易・断易(五行易)(フェーズ4) > 【断易・周易】易経の1番と64番

【断易・周易】易経の1番と64番

太陽系.jpg

易経を作った人が、わざわざ序卦伝を作った理由を感じてほしい。

64卦はばらばらではない。

すべてが数珠つなぎにつながっていき、
しかも最後、未完成でほおりだす。そこがいい。

水火既済で終わっていたら、世界は終わる。

混沌の中に放り出して、もう一度天地に戻る。

ビックバンと収縮していく宇宙が、つながっていく。

1番と64番がつながることによって、宇宙の生成発展と消滅が、
閉じた時間、宇宙模型として生まれたことになる。

最後の最後、未完成を置くというのは、なかなかできない。

易を作った人の頭の良さを感じる。

64番未完成はできないよね。

それによって易がダイナミックなものに変わった。

そこで我々は1文字1文字漢字で想像しながら、乾、坤、......と。

時系列のプログラム。

大いなる流れを共振して生み出す時間軸になっている。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。