【断易・周易】世爻と応爻 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 周易・断易(五行易)(フェーズ4) > 【断易・周易】世爻と応爻

【断易・周易】世爻と応爻

Earth_branch_destroy.jpg

自分のことは世爻が中心になる。

特別な目的がはっきりしているときは、世爻以外も着目する。

自分の兄弟を占うときには、兄弟のこと。

お父さんをみるには父母、子供孫は子孫。

占う対象、目的がはっきりしている場合はもっと違うふうにみるけれど、自分のことについては世爻をみる。

相手は応爻でみる。

占う内容がはっきりしない場合は応爻でみる。

六親五類をなにを当てはめたらいいかわからない場合は応爻を当てる

「結婚する相手がいる」という場合、世爻は自分、応爻はお相手。

世爻についている十二支が相生相剋で元気づけれられていたらOKだし。

世爻から応爻への相生相剋をみたり、いろいろな見方がある。

だけど、中心になっているのは用神を一つ決め、用神が、月や日から、相生相剋で強められたら吉、弱められたら凶ということだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。