【易の卦】「火地晋」は夜明けの朝日が昇っている - 成功.me

HOME > セミナー便り > 周易・断易(五行易)(フェーズ4) > 【易の卦】「火地晋」は夜明けの朝日が昇っている

【易の卦】「火地晋」は夜明けの朝日が昇っている

rising sun.jpg

▼火地晋(かちしん)

晋 康侯用錫馬蕃庶 晝日三接
彖曰 晋 進也 明出地上 順而麗乎大明
柔進而上行 是以康侯用錫馬蕃庶 晝日三接也
象曰 明出地上晋 君子以自昭明德

晋は、唐侯用て馬を錫うこと蕃庶たり
昼日に三たび接わる
彖に曰く、晋は、進なり 明地上に出ず
順にして大明に麗けり 柔進んで上行す
ここを以て康侯用て馬を錫うこと蕃庶たり、
昼日に三たび接わるなり
象に曰く、明地上に出ずるは晋なり
君子以て自ら明徳を昭かにす

=======================

「火地晋」は火が上で大地が下にあります。
これは、朝日が昇っているという意味です。


つまり「火地晋」というのは夜明けの時なので、
もちろん、良い卦と言えるでしょう。


太陽は私たちにエネルギーをくれています。


毎朝、朝日礼拝する時に、
この「火地晋」の卦を書くイメージも加えたら、
それだけでエネルギーを巻き起こすことができます。


大周天のバリエーションで非常によく使いますので、
ぜひ、マスターしてみてください。


(2012.7.21.清水義久先生 周易と易の神秘(フェーズ4)セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。