【断易・周易】 全てを失ったとき、言えること - 成功.me

HOME > セミナー便り > 周易・断易(五行易)(フェーズ4) > 【断易・周易】 全てを失ったとき、言えること

【断易・周易】 全てを失ったとき、言えること

book3.jpg

僕は皆さんに、ずっと考えてほしいと思う。
もしも「難病にかかって、生きていくのがつらい。もう死んでしまった方がいいと思う」という
子どもに出会った時、あなたはなにが言えるのか、なにをするのか。

心のどこかに、ちょっととどめていただきたい。
僕は、それに答えを出したいから気功をやっている。

若いときにそんな議論ばかりしていたんだ、僕は。
10年も考えて考えて、いろんな本を読んで。
たぶん、答えはないでしょうけどね。

でも、正解はなくても、立場はあるんだと思う。
「なにを言うべきか。どう考えられるのか」
そんなことも、たまには考えてほしい。

ふつうの人は、そんなことを考える暇もないけれど、
世界を変えていくアプローチをし続けるあなたは、考えていかないと。

断易をたてたり、卦をみたりすると、これはなになのか。
世界が変わるというのはどういうことか。
いろんなことを考えたり、感じたりする。

気功とか断易は、そのためのツールかもしれない。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。