【断易・周易】 愛のチャクラ(アナタハタチャクラ)の覚醒 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 周易・断易(五行易)(フェーズ4) > 【断易・周易】 愛のチャクラ(アナタハタチャクラ)の覚醒

【断易・周易】 愛のチャクラ(アナタハタチャクラ)の覚醒

crystal3.jpg

胸のチャクラを開くために、こういう練習をしていただきたい。

水晶を見つめる練習。水晶は、クリスタルでも人工でもかまわないが、
直径3~5cm以上のものがよいだろう。

具体的には、机の上に置いたとしたら、1メートルくらい離れる。大きい水晶の人は1メートル以上離れてもいい。

水晶をみるときのコツは光にたいしてみないで、電気の位置を背後にすること。瞬きをできるだけしないで、体をくつろがせて、最低15分くらい。

昔の人は、水の塊が水晶と考えていた。

もし、ろうそくの炎を見つめることをやっている人は、たまに水晶に変えてやるとよい。
炎をみていると活性化し、元気になる。水晶をみると、浄化し、透明になっていく。
火の祓いと水の祓いになる。

最初のうちは炎で、しばらくたったら、水晶を見つめる練習をしよう。

やり続けていると、表面に変なものが映るようになってくる。これができるようになったら、占いは必要なくなる。なぜなら、直接答えが映るからだ。

(清水義久先生 フェーズ4断易・周易セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。