【西洋魔術】占いの種類 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 西洋占星術(フェーズ4) > 【西洋魔術】占いの種類

【西洋魔術】占いの種類

fortune-telling.jpg

占いの種類について知っておいてほしい。

命(めい)の占いというのがある。

相(そう)の占いというのがある。

卜(ぼく)という占いがある。

命というは、四柱推命、西洋占星術、これは宿命を読む、つまり「定まった命の流れ」を読むものなんだ。

だから、誕生日が必要で、生まれた誕生日が何年の何月何日何時というのをもとにして、その人の人生曲線をみて、その人の問いで、その曲線のどこにあるかを読むものなんだ。

四柱推命とか、西洋占星術がこれにあたる。

もうひとつはさ、相というのは、人相、手相、一番最後に相とある。

これは変化するんだよ。

「人相が変わる」って言葉もあるし、手相だって3カ月位経つと結構変わるものだ。

卜占というのは、断易とか、六壬とか、特殊な占いのことで、タロットもこれに入る。

カードを切って、今この瞬間を切る。

そしてその断面を見つけてみる「瞬間芸」ってことになるだろう。

(2011.2.13 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。