【西洋魔術】タロットと断易 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 西洋占星術(フェーズ4) > 【西洋魔術】タロットと断易

【西洋魔術】タロットと断易

moon.jpg

皆さんが周易、断易、タロットを使えるとする。

全体を見るのは、四柱推命がいいんだ。

人生がひもだとしたら、ひもの長さが命、ひもをずっと振っているその振動で波が出てくる。

そして断易は、青竜刀で「スパン!」と切って、切り口の断面がどうなっているかをみる。

タロットは、月の女神さまの守護を受けていて、ひもが流れているところを、はむってくわえるような、女性原理。

タロットは女性原理だから、心の問題にアクセスするほうが得意なんだ。

断易は「アイツ金返しますかね?」「あの愛人と別れたほうがいいですかね?」と、はっきりさせようというとき使う。

タロットは陰、断易は陽、と言っていいだろう。

さらにいうと「自分についての質問」は、断易でいうと、世爻という。私のこと・心の問題。

自分以外についての質問、相手の状況、株、「エジプトこれからどうなりますか?」といった問題は応爻という。

断易で最初の3本の棒は内卦、上の3本は外卦だから「質問の内容が、自分のことだったら、内卦」「世界のことを聞いている」これは外卦をみるようにするといいんだ。

(2011.2.13 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。