【西洋魔術】練習することの意味 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 西洋占星術(フェーズ4) > 【西洋魔術】練習することの意味

【西洋魔術】練習することの意味

タロット.jpg

タロットの瞑想法を活用していくには、どこまでエネルギーをチャージできるかということが大事になる。

たとえば1時間の瞑想をできる人が5秒集中するのと、5、6分座れる人の集中とは違う。

フルマラソンができる人が50メートル走るのと、やっと50メートル走れる人とは、フォーム、うつくしさ、感動が違ってくる。

普段から練習をして、積み上げていく力が必要だということなんだ。

僕はタロットで食っていることはないし、占うことはないけれども、占ったら世界のだれにも負けない自信がある。

これを使ったら俺は絶対にできる。

そして俺よりできるやつはいないと、傲慢といえるほど本気だ。

その上で、4枚のカードを1枚投げる。

「タロットカードってなに?」という人と、僕の投げたそれは、やっぱり違います。

だから、皆さんにも「少なくともこのカードさえなげたら、なんとかなる」くらい、毎日瞑想をしてほしい。

本当に変わるから。効果があるから。目に見えて効果があると思う。

(2011.1.9 清水義久先生 西洋占星術(フェーズ4)セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。