マジシャンのモデル - 成功.me

HOME > セミナー便り > 西洋占星術(フェーズ4) > マジシャンのモデル

マジシャンのモデル

bluesky.jpg

この宇宙は単一の物質でできていて思いを持っている。
しかし実体化されるものと、波動だけのものもある。

実体になった時には、
必ず四大エレメンタルが揃っている。

地のエネルギー、水のエネルギー、
火のエネルギー、風のエネルギーという
四大エレメンタルの要素が、素粒子の構成要素として揃った時、
物質になる。これが実。

逆に、揃っていない時は、
見えない世界に溶け込み、虚になっている。

虚のときは「空」という。つまり五大になっている。
西洋人は「地 水 火 風 空」とは使わないけれども、
「空」をモナドといったり、色々な呼び方がある。

要するに、生命の樹のケテルより上であり、
西洋マジックではこれをアイン・ソフと言う。
それは四大エレメンタルが揃わないとあの世のこと。

この世界の組成には見える世界と見えない世界があり、
見えない世界は空、そして全ては空から出てくる。

出てきたものは単位としての四大を含んでいる。
物になっているときは四大がある。

四大がない時は空になる。
そして全てのものは、思いを持っている。

これがマジシャンのモデルだ。
あなたの心に刻みなさい。


(清水義久先生のフェーズ4セミナー講義メモより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。