ブッダの説く取り組み方の意識 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 西洋占星術(フェーズ4) > ブッダの説く取り組み方の意識

ブッダの説く取り組み方の意識

flower.jpg

ブッダは「勢いで物事をやるな」と言っている。

勢いでやるから、気分に任せてやりたい時に、
やりたいだけ練習した結果、飽きる。
だからいつまでたってもできないのだと。

ブッダはそう戒めた。
「耳が痛い・・・」と思った人もいるのでは?

では、どうやればいいのか?
まずやる時、どこに意識を向けたらいいのか?

「私は今、誠実にやっているか?」

そこに意識を持ちなさい。取組み方に意識を向ける。

取り組んでいる内容でもなく、
やっている自分でもなく、その結果でもない。
ましてや評価でもありません。

「私はその仕事を、真面目に、
誠意を持って、取り組んでいるのか?」
人が問いかけるのはそれしかありません。

上手くできたかどうかは問題ではありません。
失敗したからといって凹む必要もありません。

しかし常に意識をこう向けます。
「いつでも真面目に、真摯にとりくんでいるか?」と。

頑張りすぎていないか?絶望していないか?
強い自信はいりません。できると感じることもいりません。

ただ真面目にやる。
このことが、一番大事だとブッダは言っている。


(清水義久先生のフェーズ4セミナー講義メモより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。