【12星座の性質】てんびん座は良くも悪くもバランスを取るとは? - 成功.me

HOME > セミナー便り > 西洋占星術(フェーズ4) > 【12星座の性質】てんびん座は良くも悪くもバランスを取るとは?

【12星座の性質】てんびん座は良くも悪くもバランスを取るとは?

Libra.jpg

諸説より・・・
てんびん座は、ギリシア神話では、正義と天文の女神アストライアーの
所有物で、正義を計る天秤だとされる。また、かつては秋分点がこの星座に
あったので、時を計る天秤だったという説もあると言われている。

・・・・・

てんびん座は天秤にかけるわけですから、
秤の平和、調和、バランスを取るということが
てんびん座の本来のコンセプトです。


ですから、てんびん座の人はバランスを取りたい、調和を取りたい
ということを、本来の性質として常に持っています。


社会、常識、保守ということがルールであったら、
それを守るべしというのが、天秤座の働きになります。


十二星座中、一番バランスが取れている人です。


ただ、悪くでると進んでいくというニュアンスではなく、
完全に保守派になりやすいでしょう。


バランスを取るというのは、、
現状維持が一番という考えを持つタイプだからです。
つまり、変化を好まないのです


変化が嫌いな星座として、牡牛座もいますが、
こちらは、着々とコツコツと進んでいけます。


しかし、てんびん座はそうではありません。


本質的に、良い事でも悪い事でも、
事を荒立てずにという考えを持っています。


つまり、パーフェクトワールドを求めている訳でもなく、
今争うと楽しくないといったニュアンスのために、
それが、逆に判断を誤らせる事があります。


危機管理という意味での判断が、
現実に対応してやるべきことをやらなければいけない時は、


勇気を持って変わっていくこともありなのだということを
知らなければならないということが必要ですね。


(2012.11.10 清水義久先生 西洋魔術式Eg操作法と加速学習(フェーズ4)セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。