【変性意識状態で言うべき言葉】 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 小周天(フェーズ1) > 【変性意識状態で言うべき言葉】

【変性意識状態で言うべき言葉】

bath.jpg

私たちのOSは母国語。
私たちの脳は、そのOS言語を使っている。

だから、母国語の種類によって、
能力が変わると言ってもいい。

たとえば、英語は主語を必ず言い、
肯定か否定かをすぐその後に言う。

つまり「私はOK」「私は嫌」と言ってから、
その後で、なにが嫌かなのを言う。

こういう言語を使うなら、
「セルフ」を主張するようになるのは当たり前。

日本語は最後まで述語を言わない。
だから、「・・・できないのです」と最後にひっくり返せる。
それが私たちのOS。

これは、ものの考え方が母国語によって、
変わってしまうことを指し示す。

色彩の概念にも同じことが言える。
色がどれだけ分離して見えるかは言語の種類で違うんだ。
これは、サピア=ウォルフの仮説という。

同じ部屋にドイツ語が母国語の人と、
日本語が母国語の人が立つと、見える世界が違う。
アラビア語が母国語の人は、奥行きがなくなる。

だから、ブッダは「八正道」の中で、
人間が悟りを開く方法論として「正語」と言った。

しかし現実問題としては、
それぞれの地域限定のOSを使うしかない。

言語でフォローできる世界と、
イメージを立ち上げてうまく使う世界。
この二つが必要。完全言語がまだないからだ。

■変性意識のときに言うべき言葉

自分をクリーニングするために、
「あれはあれでよかったのだ」と言うことを、
この教室ではお勧めしている。

それは、普段の何もない時、
変性意識でぼんやりした時にも、言ってほしい。

小さい時から積み上げているものがある。
許せない私、できない私、
怒った私、イライラした私、踏み込んでいけない私。

サイコロの目のように、その時その時、
無意識が気にしている面を「あれはよかったんだ」で、
クリーニングできる。

何もないボンヤリした時に言うと、
深い自分がチャラにしてくれる作用がはじまる。

■スワイショウとアファーメーション

スワイショウをやって、
温かくなったり、ピリピリしたり、
眠くなった時は催眠の状態だ。

そのときに「あれはあれでよかったんだ」と言う。

スワイショウの時は、
インストールの時間であり、アファーメーションの時間。

寝入りばな、寝起きも、
アファーメーションのためのゴールデンタイムだ。

そして、もう1つが、
スワイショウなどで、気のエネルギーを出した時。
気のエネルギーを出しているときは変性意識状態だ。

とはいえ「気が出てくるのは催眠か」というとそれは違う。
催眠は、人間の心の中の現象に留まる現象だから。

例えば、気功の先生が気のエネルギーを送ると
飛んでしまうという現象があるとする。

初心者の人に、気功の先生が気のエネルギーを送っても
その人は動かない。

しかし、慣れた人は暗示によって、
「飛ぼう」ということで発動しているのかもしれない。

その気功の先生と慣れた人との動作をビデオ撮りして、
コマ送りで見ると、先生が突く前に、慣れた人はかかとから
崩れていたりする。そういうのが催眠だ。

この教室で言っているのは、そういうことではない。
また、そんな気がするという心の話でもない。物理的な話。

スワイショウは気を出すことを動作でやっているので、
非常に強力です。

気を出す状態は、もちろん「手からエネルギーが出る」と
言葉でいって創ってもらっても構わない。

そして、ご飯を食べてお腹いっぱいの時、
人は、眠くなるんだ。食後は催眠タイムもゴールデンタイム。

その時の標語は「幸せいっぱい、腹いっぱい」だ。

お腹いっぱいになったら少なくとも幸せでしょう。
だからその時に「幸せいっぱい」を先に言ってから
「腹いっぱい」と次にいうことで、幸せをインプットできる。

しかし、食堂でこれを言うとちょっと恥ずかしい。
だからTPOをわきまえて、心の中で1回思うのでもいい。

もう1つはお風呂に入った時も、
アファーメーションのいい時間です。

そして瞑想している時も。
初心者のあなたは瞑想の習慣はまだないかもしれないけれど、

これらの時は、あなたが言語で書き変えできる時間。

例えば、お風呂に入った時、
悪口や文句などブツブツ言っていないだろうか?

お風呂に入ったときは完全催眠の状態だ。
そんな時に、悪口や文句や愚痴を言って、
ネガティブをインプットしてどうする。

せっかくの温かく幸せな時間なのだから、
「はー幸せ。」と幸せな気分をインプットするんだよ。

(清水義久先生 フェーズ1セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。