【不幸を切り離し、明日に繋げない】 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 小周天(フェーズ1) > 【不幸を切り離し、明日に繋げない】

【不幸を切り離し、明日に繋げない】

morning.jpg

■「今、現在」とは「瞬間」

現在というのは、今この瞬間だけを指す。

ところが面白いことに、
今までの人生で失敗して下り坂だった人は、
「これから先、平行または落ちていく」と考える。

逆に今までずーっとうまくいっている人は、
「これからも上っていく」と考えやすい。

でも、私たちがあるのは「今」です。
だから、こう考えて欲しい。

・・・・

◎よいことやうまくいったことは、
 喜びと前向きさを想像して、明日につなげていく。


◎失敗したこと、できないことがあったら
 切り離し、明日につなげない。

・・・・

実際、私たちは反対のことをしてしまう。

良いことがあれば、これきりだと思い、
悪いことがあれば、これが続くと思ってしまう。

しかし、本当にあるのは「今」の瞬間。

だから良い過去は、本当は明日には、
つながっていかないかもしれないけれど、
前向きに想像して勝手につなげていく。

そして悪い過去は、切り離す。

今までずっとできないから・・・
だからといって、これからできないとは限らない。

今までずーっと失敗してるから・・・
だからといって、それが失敗の理由にもならない。

なぜなら、瞬間、瞬間、新しく変われる。

どう変わりたいかは、あなたが決めるだけ。
そして、前向きに生きていこうと思えばいい。

■幸せをつなぎ、不幸を切り離すのは言葉とは?

例えば、立禅という訓練がある。
目標40分。でも、足がプルプルして嫌になる。

皆さんなら、それをどうやって止めますか?
「辛い、、苦しい、もうダメ!」なんて
言っていませんか?これでは訓練が無駄になりますよ。

僕は自分にしょっちゅう、こう言います。
「今日のところは見逃してやる。」
「まだやってねえ。」
「今のはリハーサル。」

そして、止める直前にこういいます。
「あと5秒で止めるぞ。」
「今日のところは見逃してやるよ。」と。

すると、本当は辛くて苦しくて、
「もーダメ」と思っていても、
言葉を使って暗示をしているので訓練が無駄にならない。

身体を使った暗示を使うと、強いんだ。
辛い時に「辛い」と上書きしてはいけない。

上書きすることで、それがもっとあなたを苦しめてしまう。
辛い時、苦しい時、それを見逃してやってくれ。

逆に、数少ないチャンスを体験したら、
「これってこれからも続くんだよな」と、
インストールしておくべきです。

そんな時は「これからきっと、うまくいく」といえばいい。
幸せをつなぐフレーズです。

他にも、朝起きたら「これから新しい1日が始まる」で目覚める。
辛いことがあったら、「あれはあれでよかったんだ」と見逃す。

そうやって、書き変えたり、見逃したりする。

過去は過去。100万回失敗しているからといって、
次も失敗するとは限らない。

「今までのは、リハーサル。」
「うまくやれるまでやればいい。」

無理に、力む必要はない。それを淡々と言えばいい。
「俺、まだ本気を出していないんだけど・・・?」
そんな感じで言う。

(清水義久先生 フェーズ1セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。