【あなたの心の中に明かりがあるか】 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 五行・四神(フェーズ3) > 【あなたの心の中に明かりがあるか】

【あなたの心の中に明かりがあるか】

shine.jpg

上級クラスに来てまで、こんな風に言う人がいる。

質問者「先生にいろんなこと習って、でもビジネス失敗しました。」
先生 「手からエネルギー出してやったらいいじゃないですか」
質問者「ええ、やってます。」

僕はこんな質問の時、こう聞き返します。
「やってます?そのやっているのはどういう風にやっているか?」と。

はっきり言って、舐めすぎだと思う。
自分が不幸だと、勘違いするんじゃない。

差別的な発言に聞こえるかもしれないが、
例えば、指が4本しかなくても死ぬほど努力して、
普通に生きている人もいる。

その人たちより有利な人が、「苦しいのです、死にます。」
と言ったら、それ以下の人たちを全部否定するような冒涜だ。

僕らは例えでよく「愛なきヒーラー」と言っています。
それは、色々聞いてあげた後、
「そうか、うーん、それは君が悪いね!」というからです。
そうすると、次からこなくなる。

そしてそういう方は「そうなんですか。まわりが酷いんですね。」
と頷いてくれる先生のところにいく。

しかし、ほとんどのケースは「君が悪い」んだ。
だから、「コイツがわかってくれない」という前に、
考え方の枠を広げて、価値観を変えるコツを掴んでほしい。

大事なのは、『適当(てきとー)』。
そして、『適当』という概念を自分の中に導入できるかどうかの
の決定的なものは「あなたの心の中に明かりがあるか?」という事。

手からエネルギーを出し、蝋燭の炎を想像する。

そして、普通の蝋燭の炎だと思っていたけれど、
「実はこの炎が世界の葉っぱであり、宇宙の隅々まで照らしすべてに届く」
と勘違いしような、と僕は言った。そこがぶなければ大丈夫。

炎を使うのはあなたであり、あなたの心。
この炎は世界の全てを照らすのだという価値感に変えていく。

葉っぱの大きさは関係ない。
木から落ちた時、空気を振動させたのか、宇宙を震わせたのか。
ゆるぎない葉っぱは全であり、実在。残りのエリアを虚といい暗闇という。

それは切り取っている概念による。
気のまわりなのか?あなたのまわりなのか?宇宙にひろがる闇なのか?

設定しているのはあなたなのだから、
目を覚まし、よくよくみたら、ただ1つの光があるだけ。
葉っぱが1枚あっただけ。闇など本当はなかったのだ。

「初めに光ありき。」
「もっと光を。」

と、いろんな人達が違う表現で教えてくれている。
それをただの信仰にしてほしくない。

すごく怪しいことをいうと、
人が持っているいる純粋知覚、それが悟り。

結論はその時まで待ってほしいのだが、
たった1個の炎を想像できたらあなたは負けることはないと、
今、話したことを忘れないでほしい。

そのために、蝋燭の火のメディテーションを練習して、
炎を見つめ、思い描く練習をしてもらうだけでいい。

どんな病気でも、どんな事態でも、この訓練だけで、なんとかなる。
だから世界中の人が、古今東西、文化の枠を超えて、蝋燭の炎を見つめてきた。

(清水義久先生 フェーズ3セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。