【フェニックス使いの魔法使いへの道へ】 - 成功.me

HOME > セミナー便り > 五行・四神(フェーズ3) > 【フェニックス使いの魔法使いへの道へ】

【フェニックス使いの魔法使いへの道へ】

フェニックス.jpg

あなたは魔法使いの道に踏み込んだ。
この上級クラスでドラゴンとフェニックスが使えるようになる。

歴代の魔法使いで
フェニックスとドラゴンが使える人はどのくらいいるだろう?
もう後戻りはできない。

「先生は魔法使いを大量生産してどうしたいのですか?」
という質問をいただいたことがあるけれど、なぜだろう?

あなたがドラゴンとフェニックスを使えるようになった時、
僕はもっと使えるようになっている。

でも、一人で突っ走っているとき、
後ろに誰もいないと寂しかったりする。

古本マニアは、世界中の本を読んでみたいと思う。
マニアはたぶん、「人類が知り得たことは全部知りたい」
と思うはずだ、おそらく。少なくとも僕はそうだ。

「できる、できない」は別にして、まず知りたい。
全部できるようになりたいと思うんだ。

誰かが空中から物を出したら、やりたい。
でもその時、仲間がいたら楽しいと思う。
また、分からなかったらお互い意見交換できるしね。

反対に、僕がへこたれているとき、
誰かがやっているわかっていれば、それが意欲になる。

「俺だけできるから、みんなついて来い」では、つまらない。
「先生、まだそんなことやっているのですか?」と、
言ってくれる誰かがいないと・・・。

皆さんにつけたフェニックスはまだヒナ鳥。まだ弱い。
これから、ご自分の中で育てていかないといけないんだ。

炎のフェニックスは不死鳥であり復活を意味する。

あなたの元気がない時、パワーがない時、
やる気がない時、フェニックスは生きていく意欲を作る。

仕事に対しての意欲、勉強に対して前向きな姿勢になる活力。
それが全部、フェニックスの役目だ。

打たれてもヘコたれても立ち上がってくるボクサー。
可能性がゼロなった時、フェニックスが復活させる。

あなたが、そういうエレメントに育ててほしいので、
何回もチャレンジしてほしい。

フェニックスをどうやって使うかはその後で考えればいい。
だから、まずはあなたの火の鳥を育てて本物にしてほしい。

(清水義久先生 フェーズ3セミナーより)



無料メルマガ

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。